ニュース
» 2014年09月16日 14時15分 UPDATE

1型センサー搭載のプレミアムコンパクト「PowerShot G7 X」

PowerShot Gシリーズに、コンパクトボディの1型センサー搭載モデルが登場。高画質と高性能を手軽に持ち歩けるのがポイントだ。

[園部修,ITmedia]

 キヤノンが9月16日、プレミアムコンパクトカメラの“PowerShot G”シリーズの新モデルとして、小型のボディに1型CMOSセンサーを搭載した「PowerShot G7 X」を発表した。10月3日に発売する。価格はオープンプライスだが、実売予想価格は6万6800円前後(税別)

PowerShot G7 X PowerShot G7 X
PowerShot G7 XPowerShot G7 X 背面には3型のワイド液晶モニターを搭載。特徴的なコントローラーリングはGシリーズの一員になっても健在だ

 これまでPowerShot Gシリーズといえば、「PowerShot G1X Mark II」などを筆頭とする高機能なコンパクトデジカメのイメージが強かったが、今後は1型センサーを搭載するモデルをプレミアムコンパクトと位置付け、G7 Xのようなコンパクトながら高画質なモデルも展開する。

 特徴は、前述のとおり1型の裏面照射型CMOSセンサー(有効約2020万画素)を搭載すること。またF1.8〜F2.8と明るい大口径レンズ、35ミリ換算で24〜100ミリ相当の光学4.2倍ズームを搭載しつつ、旅行などに手軽に持ち出せるサイズを実現した。外形寸法は幅103×高さ60.4×奥行き40.4ミリと手のひらに載るサイズ。重さはバッテリーやメモリーカードを含んで304グラム。

 GシリーズのモデルということでRAWでの撮影にも対応。連続撮影枚数は約6.5コマ/秒。動画はフルHDの60fps撮影が可能だ。ファインダーは備えていない。レンズの鏡胴の周りには、設定の変更や調整に利用できるコントローラーリングを搭載。モードごとに機能が切り替わり、フォーカスやシャッタースピード、露出などの調整に利用できる。

 背面の液晶モニターは3.0型のワイド液晶ディスプレイで、画素数は約104万ピクセルと非常に精細だ。バッテリーは「NB-13L」を採用しており、CIPA規格の撮影可能枚数は液晶モニター表示時約210枚、エコモード時約310枚。

PowerShot G7 XPowerShot G7 X 液晶モニターはチルト式で、真上にまで上がる。ローアングル撮影やセルフィーノ撮影にも対応する

 外観上のポイントとして、シャッターボタンやダイヤルに、キヤノン製の一眼レフカメラ用レンズなどではおなじみの“赤いライン”をアルマイト処理で配しているのも見逃せない。手で触れる部分に綾目のローレットや綾目処理が施されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.