ニュース
» 2014年09月18日 21時23分 UPDATE

ニコン、自撮り機能を強化した「COOLPIX S6900」を発表

ニコンがバリアングル液晶モニターを搭載し、自撮り機能を強化したコンパクトデジカメ「COOLPIX S6900」を発表した。

[園部修,ITmedia]

 ニコンイメージングジャパンが9月18日、3型のバリアングルモニターを搭載したコンパクトデジカメ「COOLPIX S6900」を発表した。価格はオープンプライス。実売予想価格は3万5000円前後(税別)。

COOLPIX S6900 COOLPIX S6900(ナチュラルホワイト)
COOLPIX S6900COOLPIX S6900 COOLPIX S6900のリッチブラック、グロッシーピンク

 COOLPIX S6900は、モニターを前に向けての自分撮りやハイアングル/ローアングルでの撮影など、さまざまな構図で撮影のしやすさを追求したコンパクトデジカメ。動画も多彩なアングルで撮影できる。一般的なカメラと同様のシャッターボタンに加えて、ボディ前面にフロントシャッターボタンを搭載。自撮り時にシャッターが押しやすいよう配慮した。側面には撮影時にCOOLPIX S6900を自立させられるスタンドも用意している。また、離れた場所から手のひらの動きでシャッターを切れる「ジェスチャーモード」なども利用できる。

 さらに自撮りを楽しむ機能として、4回または9回自動撮影した写真を1コマにコラージュする「セルフコラージュ」、美肌効果や美白効果、ソフト効果、鮮やかさ効果をそれぞれ設定できる「メイクアップモード」を搭載。メイクアップモードは撮影前に設定をしておくもので、撮影後の写真を個別に加工するのと違い、設定後撮影した写真に適用される。再生時には12種類のメイクアップ効果でフルメイクも楽しめる。ボカしたくない部分を指でなぞり、背景だけボケを強くする「セレクトソフト」といった便利な機能も用意した。

 撮像素子は有効約1602万画素の1/2.3型CMOSで、レンズは光学12倍ズーム。35ミリ換算で25ミリから300ミリまでの幅広い画角を単体でカバーできる。レンズシフト式の手ブレ補正機能も備え、望遠撮影時や暗い場所での撮影でも手ブレしにくい。最短撮影距離はマクロモード時でレンズ前から2センチ、通常時は広角端で50センチ、望遠端で1.5メートル。フルHDの動画も撮影できる。

 撮影可能枚数は付属のリチウムイオン充電池EN-EL19で約190コマ。外形寸法は幅99.4×高さ58.0×奥行き27.9ミリ、重量は約181グラム(バッテリー、SDメモリーカード含む)。ボディカラーはナチュラルホワイト、リッチブラック、グロッシーピンクの3色。

COOLPIX S6900COOLPIX S6900 フロントシャッターボタンと3型のバリアングル液晶モニター、スタンドを備え、自撮りや立てかけての撮影が容易に行える

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.