ニュース
» 2014年09月25日 08時40分 UPDATE

「EOS 7D Mark II」など新モデルがいち早く体験できる「CANON GRAND PRESENTATION 2014」

「EOS 7D Mark II」を始めとするキヤノンの最新デジタルカメラの実機に触れられるイベントを、東京で9月26日〜28日に、大阪で10月5日〜7日に開催する。

[園部修,ITmedia]

 キヤノンマーケティングジャパンが9月26日から、この秋の新製品「EOS 7D Mark II」や「PowerShot G7X」「PowerShot SX60 HS」の実機に触れ、その性能を体験できるイベント「CANON GRAND PRESENTATION 2014」を東京と大阪で開催する。入場は無料。

CANON GRAND PRESENTATION 2014 キヤノンマーケティングジャパンのWebサイトで告知されている「CANON GRAND PRESENTATION 2014」

 東京の会場は品川のCANON S TOWER 3階 キヤノンホールS。9月26日から28日までの3日間開催する。26日は15時〜20時、27日と28日は10時半〜18時40分までオープンしている。大阪の会場はグランフロント大阪のナレッジシアターで、10月5日から7日までの3日間に実施する。開場時間は15日と16日が13時〜20時、17日は13時〜19時。

 東京会場では、27日と28日に体験会限定の3on3バスケットボールトーナメントを開催予定で、試合の様子をコートの近くからEOS 7D Mark IIで撮影できる。チアリーディングによるパフォーマンスも行われる。なお26日はこうしたパフォーマンスはないものの、実機による撮影は体験できる。大阪会場ではフリースタイルバスケットボール、チアリーディング、ダブルダッチのパフォーマンスを実施し、これらを被写体としてEOS 7D Mark IIの撮影体験が可能だ。

 さらに、EOS 7D Mark IIの性能を、対話式のカウンターで説明を聞きながら体験できる「撮影体験コーナー」、望遠レンズを付けたEOS 7D Mark IIでバスケットボールやチアリーディングなどを撮影できる「望遠レンズ撮影体験コーナー」なども用意。作品を撮影した写真家が登場するスペシャルセミナーや、開発者たちが新製品に搭載されている最先端技術や開発秘話を語る「EOS 7D Mark II/PowerShot G7 X特別セミナー」も実施する。

 EOS 7D Mark IIのカタログ用に作品を撮影した14人の写真家の作品をコラージュパネルとして展示するほか、EOS 7D Mark IIに搭載されている最新の技術を開設するコーナーなどもあるので、その実力を存分に見て、知ることができる。気に入ったら、バッテリーグリップがもれなくプレゼントされる「GET BG(バッテリーグリップ)キャンペーン」にその場で申し込めるコーナーもある。

 展示の中心はEOS 7D Mark IIだが、PowerShot G7 XやPowerShot SX60 HSの撮影体験コーナーも用意される。発売前に実機に触れられる機会は少ないので、興味がある人はチェックしておきたい。イベントの詳細やセミナーのスケジュールは、キヤノンマーケティングジャパンのWebサイト(http://cweb.canon.jp/eos/special/7dmk2/event/)で確認できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.