ニュース
» 2014年10月01日 19時37分 UPDATE

EVF搭載で世界最小のミラーレス一眼「LUMIX GM5」 11月13日国内発売

パナソニックが手のひらサイズのミラーレス一眼「LUMIX GM5」の国内発売をアナウンスした。11月13日から販売を開始する。レンズキットとボディのみの2モデルがあり、3つのカラーバリエーションを用意する。

[園部修,ITmedia]

 パナソニックが10月1日、ファインダーを搭載したミラーレス一眼デジタルカメラとしては世界最小サイズの「LUMIX GM5」を11月13日から販売すると発表した。ボディカラーはブラック、レッド、グリーンの3色。ボディのみのDMC-GM5と、キットレンズとしてLUMIX G VARIO 12-32mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.(H-FS12032)が付属するDMC-GM5Kをラインアップしており、価格はオープンプライス。ボディのみのGM5は実売想定価格が9万円前後、レンズキットのGM5Kの実売想定価格は10万円前後。

LUMIX GM5LUMIX GM5LUMIX GM5 LUMIX GM5はボディのみのモデルと標準ズームレンズが付属するレンズキットの2種類を用意。カラーはブラック、レッド、グリーンの3色
LUMIX GM5 ライブビューファインダー(LVF)の搭載とホットシューの採用が進化ポイント

 LUMIX GM5は、先頃Photokina 2014で発表された手のひらサイズのミラーレス一眼。マイクロフォーサーズ規格に準拠する。人気の「LUMIX GM1」(以下GM1)の後継機種で、GM1とほぼ同じサイズのボディに約116万ピクセルのライブビューファインダー(LVF)を内蔵し、ストロボなどを取り付けられるホットシューを用意した。撮像素子はGM1と同じ1600万画素のLive MOSセンサーで、ISO感度は200〜2万5600に対応。フルHD(1920×1080ピクセル)60pでの動画撮影もサポートしている(GM1はフルHD 60iまでの対応)。

 外形寸法は幅98.5×高さ59.5×奥行36.1ミリ。ボディのみの重さは約180グラム。キットレンズのLUMIX G VARIO 12-32mmと本体、バッテリー、メモリーカード含む重さは約281グラム。

 Wi-Fiも搭載しており、スマートフォンやタブレットに専用アプリ「Panasonic Image App」(iOS/Android対応)をインストールすれば、撮影や再生、写真・動画転送などがスマートデバイス側からコントロールできる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.