ニュース
» 2014年11月11日 23時05分 UPDATE

16年ぶりのリニューアル:キヤノン、防塵・防滴になり画質と性能が向上した「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」を発表

キヤノンが、超望遠ズームレンズ「EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM」の後継モデル、「EF100-400mm F4.5-5.6L II IS USM」を発表した。16年ぶりのリニューアルで画質や性能が大きく向上。ズーム機構は直進式から回転式に変わった。

[園部修,ITmedia]

 キヤノンマーケティングジャパンは11月11日、EFレンズの新モデル「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」を発表した。価格は30万円(税別)で、12月下旬に発売予定だ。

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

 前モデルの「EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM」が登場したのは1998年12月。プロやハイアマチュアからの評価も高かった超望遠ズームレンズが16年ぶりのリニューアルを果たした。

 リニューアルに合わせて、操作性が大きく変わった。特にズームが直進式から回転式になった点は特筆に値する。構図の微調整がしやすくなるほか、保持位置が前後せずバランスが取りやすくなる、他のレンズと共通した操作になる、といったメリットがある。ズームリングの回転幅は95度で、スピーディーなズーム操作が可能だ。またズームリングのトルク負荷が調整できる機能も用意した。機構の変更に合わせ、防塵・防滴構造を採用している。

 画質もデジタル一眼レフカメラにふさわしいものに進化した。キヤノンによるとEF70-200mm F2.8L IS II USMと同等以上の画質を実現しているという。また蒸着膜の上に空気の玉を含んだ膜を形成する技術、ASC(超低屈折率層+蒸着膜層)により、垂直に近い角度で入射する光に対し高い反射防止効果があり、逆光時のフレアやゴーストも大幅に抑制している。

 最短撮影距離は1.8メートルから0.98メートルへと約半分に短縮。最大撮影倍率も0.2倍から0.31倍へ向上しており、クローズアップ撮影などにも十分対応できる。手ブレ補正効果は、CIPA基準で約1.5段分から約4段分になった。さらに不規則な動きの動体撮影に最適なISモード3も備えた。

 三脚座はレンズをカメラに付けた状態でも着脱可能な新機構に変更。同梱のレンズフードは、サーキュラーPLフィルターなどの操作に便利な開閉窓付きの新型「ET-83D」となっている。

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 三脚座がついた状態、真横から
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 真上から
ET-83D 同梱のレンズフード「ET-83D」は、フィルター操作などに便利な開閉式の窓が用意されている

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.