ニュース
» 2014年11月14日 14時05分 UPDATE

ニコン「Df」1周年記念 台数限定の“ブラック Gold Edition”を発売

ニコンから、ファン垂ぜんの限定モデル「Df ブラック Gold Edition」が登場する。日本国内で1600台のみの販売となる。

[園部修,ITmedia]

 ニコンイメージングジャパンが11月14日、クラシカルな雰囲気を持つデジタル一眼レフカメラ「Df」のブラックモデルに、金色のパーツを各所に配した限定モデル、Gold Editionを発表した。1600台限定(レンズキット1000台、ボディのみ600台)で、日本で12月に発売する。価格はオープンプライスだが、実売予想価格はボディが31万5000円前後、Df 50mm f/1.8G Special Gold Editionキットが33万5000円前後(いずれも税別)の見込み。

Df ブラック Gold Edition Df ブラック Gold Edition

 Dfは、メカニカルダイヤルによる直感的な操作やFXフォーマットの1661万画素CMOSセンサーによる高画質、高機能ながらFXフォーマットのカメラで最小・最軽量のボディなどが特徴のモデル。Gold Editionでは、金属製のパーツがゴールドになっているほか、ロゴの差し色などもゴールドになっている。またこれまでオプションで用意していたソフトシャッターレリーズのゴールド版「AR-11G」を同梱したほか、ボディとマッチする専用ストラップ「AN-DC9G」も付属する。

Df ブラック Gold Edition Df ブラック Gold Edition
Df ブラック Gold Edition Df ブラック Gold Edition

 キットレンズは、鏡胴に金のリングを配した特別仕様の「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G(Special Gold Edition)」。このレンズを始め、Gold Editionの付属品類を単体販売する予定はないという。

Df ブラック Gold Edition Df ブラック Gold Edition
Df ブラック Gold Edition Df ブラック Gold Edition
Df ブラック Gold Edition Df ブラック Gold Edition
Df ブラック Gold Edition Df ブラック Gold Edition

 Df ブラック Gold Editionの発売に合わせ、Nikon Df 名入れサービスでは、ゴールドでの名入れに対応する。期間は11月21日から2015年3月31日までで、こちらは既存のDfでもゴールド文字での名入れが可能。全国のサービス拠点、ピックアップサービスで実施する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.