ニュース
» 2014年12月10日 07時00分 UPDATE

写真展:松本紀生写真展「アラスカ原野行」

[田中宏昌,ITmedia]

 さまざまな「写真展」を随時案内していく本コーナー。今回は、六本木フジフイルムスクエアで2014年12月12日から開催予定の松本紀生写真展「アラスカ原野行」を紹介する。

ht_ph46.jpg ©松本紀生

富士フイルムフォトサロン東京では、若手の写真家に写真展を開催する意義や楽しみを見出してもらい、写真文化の発展につなげるための企画「写真家たちの新しい物語」を実施しております。これは写真プリントやパネルの制作代も含めて無償にて富士フイルムフォトサロンで写真展が開催できるもので、年間4名の写真家を予定しております。

今回はその第二弾として、アラスカで厳しい撮影生活を過ごしている、松本紀生氏の写真展を開催いたします。

「一番きれいな写真を撮りたかった」

松本紀生氏は一年のうち約半分をアラスカに滞在し、一人でキャンプをしながら自然写真の撮影を続けております。その作品はクジラや熊などの生き物から植生、そして空に輝くオーロラまで、全身全霊をこめてアラスカを感じ取っているものです。

この写真展は松本氏が20年に渡って撮り続けた「アラスカ」をご覧いただく展覧会です。彼が見て、感じたアラスカをご来場の皆様も感じ取れる作品展です。

また、会期中12月13日(土)に松本紀生氏のトークショーを開催予定です。


写真展の詳細

名称 【写真家たちの新しい物語】 松本紀生写真展「アラスカ原野行」
開催期間 2014年12月12日(金)〜12月18日(木)
開館時間 10時〜19時(入場は18時50分まで、最終日は16時)
定休日 無休
入場 無料
会場 富士フイルムフォトサロン スペース2

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう