ニュース
» 2014年12月16日 16時51分 UPDATE

いつでも持ち歩いてほしいカメラバッグ:ケンコー・トキナーからタウンユースもOKなカメラバッグ「aostaミニトートバッグ」

カメラバッグとは思えないおしゃれな外観で、普段使いもできるミニトートをケンコー・トキナーが発売する。

[ITmedia]

 ケンコー・トキナーは12月22日、カメラバッグ「aostaミニトートバッグ」を発売する。ブラックとブラウンの2色展開。価格はオープンで予想実売価格は4700円(税別)。

 「aosta ミニトートバッグ」ブラック(左)とブラウン(右)

 同製品のデザインは普段使いを意識したものとなっており、本体の素材にはカメラバッグにありがちなナイロンではなくコットン帆布を使用。インナーケースも取り外して、通常のトートバッグのように利用できる。バッグ正面の大型ポケットには柔らかなウレタンクッションを内蔵しているため、スマートフォンやコンデジなどを入れておいても安心だ。

 やわらかなウレタンクッション張りの正面大型ポケット

 インナーケースの仕切りは可動式。ミラーレス一眼とレンズのセット、レンズ装着済みエントリークラスの一眼レフとレンズのセットなど、その日持ち歩く機材に応じて自由に調節できる。

 インナーケース内側にはベルクロテープがあり、2枚の仕切りを自由に調節可能

 底部には防水性能の高い「ターポリン」素材を採用。水や汚れを拭き取りやすくした。肩への負担を軽減するクッション性に優れたショルダーパッド付きのショルダーベルトは斜め掛け可能。取り外して、バッグを肩掛けスタイルで使うこともできる。

 取り外しできるショルダーベルト。好みのスタイルで利用可能

 インナーケースの内寸は220(幅)×75(奥行き)×130(高さ)ミリ、バッグ外寸は300(幅)×135(奥行き)×245(高さ)ミリ。重量は約700グラム。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう