ニュース
» 2014年12月18日 11時40分 UPDATE

キヤノン、「EOS 6D」の最新ファームウェア「Version 1.1.6」を公開

キヤノンが「EOS 6D」の最新ファームウェア(Version 1.1.6)をリリースした。各種不具合が修正される。

[田中宏昌,ITmedia]

 キヤノンが、フルサイズ対応のデジタル一眼レフカメラ「EOS 6D」の新しいファームウェア「Version 1.1.6」を公開した。修正内容は下記の通りだ。

1.AIサーボAFで「AFフレーム選択」が「自動選択」のとき、初めに中央のAFフレームで被写体をとらえないことがある現象を修正

2.付属ソフトウエアの EOS Utility を使用したリモートライブビュー撮影で手動ピント合わせを行う際、特定レンズでフォーカスの微調整ができない現象を修正


ht_ca01.jpg 35ミリフルサイズセンサーを搭載した「EOS 6D」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう