ニュース
» 2014年12月18日 19時00分 UPDATE

「FUJIFILM X-T1」向けの新ファームウエアVer.3.00公開

「FUJIFILM X-T1」の機能を大幅にアップする最新ファームウェア、Ver.3.00が公開された。

[園部修,ITmedia]

 富士フイルムが12月18日、同社のフラッグシップミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T1」および「FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition」向けの最新ファームウェア、Ver.3.00を公開した。

X-T1 FUJIFILM X-T1

 自身で作業する場合は、サポート情報ページから最新データをダウンロードし、SDメモリーカードに「FWUP0005.DAT」という名称で保存してから、カメラの電源を入れるほどなくアップデートが実行される。また、自分で作業するのが難しい場合は、サービスステーションに持ち込むことで無償でファームウェアのアップデートをしてもらえる。

 Ver.3.00で追加される主な機能は以下の通り。

  1. 最高速度1/32000秒の電子シャッター機能を追加
  2. 電子シャッター時のシャッター音、シャッター音量設定を用意
  3. 独自カラーモード「クラシッククローム」対応
  4. 目で見たままに近い表示「ナチュラルライブビュー」モード搭載
  5. EVF/液晶モニターの鮮やかさ調整機能
  6. フォーカスモードに「AF+MF」(AF時のマニュアル微調整モード)を追加
  7. AFエリアダイレクト選択機能(十字キーでの選択機能)を追加
  8. AE-L(露出固定)/AF-L(フォーカス固定)ボタンの機能入れ替え設定
  9. マニュアルフォーカス時のフォーカスエリアサイズ変更機能
  10. マクロモードのダイレクト選択
  11. Qメニューのカスタマイズ機能
  12. 動画フレームレート選択(既存の60fpsと30fpsに、50fps、25fps、24fpsを追加)
  13. 動画マニュアル撮影機能(ISO感度、シャッタースピード、絞りの調整)
  14. ワンプッシュAFの位相差AF対応
  15. 測光エリアのフォーカスエリア連動
  16. プログラムシフト設定領域の拡大
  17. ファンクション(Fn)設定の選択項目追加(フラッシュ調光補正、シャッター方式、モニター撮影効果反映、マニュアル露出時表示、ロックを追加)
  18. スマホdeチェキ「instax SHARE SP-1」に対応
  19. 撮影時のカメラのダイヤル、ボタン、メニュー等を個別にロックする機能
  20. カスタムホワイトバランスを3つに充実
  21. マニュアル露出時表示
  22. PCリモート撮影をサポート
  23. エリア選択AFで顔キレイナビON時に、顔検出するとフォーカスエリアは顔に、顔検出しないときは選択したフォーカスエリアを表示
  24. AE−L押下時に、ライブビュー画像に露出を反映
  25. AF-Lボタンを押してAFロックした際に、ズーム操作をしてもAFロックを維持
  26. RAW撮影時に拡張ISO感度に設定した際にRAW撮影ができなくなることを明示
  27. セットアップメニュー内の項目変更(「ファンクション(Fn)設定」「コマンドダイヤル設定」がセットアップメニューの「操作ボタン/ダイヤル設定」の項目の中に移動。「ワイヤレス設定」「PC保存先設定」「位置情報設定」がセットアップメニューの「接続設定」の項目の中に移動)

 なお、一部の機能はX-T1 Graphite Silver Editionにはすでに搭載されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.