ニュース
» 2014年12月24日 17時18分 UPDATE

ケンコー・トキナー、大口径ズームレンズ「AT-X 11-20 PRO DX」発売

ケンコー・トキナーが「AT-X 116 PRO DX II」のテレ側を4ミリ伸ばした「AT-X 11-20 PRO DX」を2015年2月中旬に発売する。

[ITmedia]
 「AT-X 11-20 PRO DX」ニコンマウント

 ケンコー・トキナーは2015年2月中旬に、「AT-X 11-20 PRO DX」を発売する。価格は10万円(税別)でニコンマウントとキヤノンマウントがラインアップされる。

 同製品は既存レンズ「AT-X 116 PRO DX II」のテレ側を16ミリから20ミリに伸ばしたもの。焦点距離は11〜20ミリでF2.8の大口径超広角ズームレンズ。動画撮影でも威力を発揮するという。

 レンズは、後群に配置したガラスモールド非球面レンズと合わせることで歪みや各収差を補正するP-MO非球面レンズと、色収差の除去を図る3枚のSD(超低分散ガラス)を含む、12群14枚で構成。


 レンズ構成

 また、ワンタッチフォーカスクラッチにより、マニュアルフォーカス時には適度なトルク感があり、精密なピント合わせができるという。

 最短撮影距離は0.28メートル、マクロ最大倍率は1:8.62。サイズは92(全長)×89(最大径)ミリ、フィルターサイズは82ミリで重量は560グラム(ニコンマウント仕様)。花形フード「BH-821」が付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.