レビュー
» 2015年01月05日 14時00分 UPDATE

交換レンズ百景:飛び出るような立体感と臨場感を表現――ソニー「Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS」

ソニーからフルサイズに対応したミラーレス用の超広角ズームが登場。遠近感を強調して迫力のある表現を狙ったり、立体的で奥行きのある構図を作るのに最適な1本だ。

[永山昌克,ITmedia]

高品位な鏡胴デザインと滑らかな操作感

 ソニーの「Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS」(SEL1635Z)は、フルサイズに対応した同社Eマウント用の超広角ズームレンズだ。製品名が示すように焦点距離はワイド側16ミリ、テレ側35ミリを実現。広々とした構図で風景を捉えるのに最適な焦点距離であり、「α7」シリーズのユーザーにとっては超広角域をカバーする待望の製品といっていい。

Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS ソニー「Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS」。使用ボディはソニー「α7」
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 被写体にグッと近寄り、遠近感を強調した。撮影地は霊岸島水位観測所。マニュアル(F8、1/320秒)、ISO100、WB:太陽光、焦点距離:16mm、カメラ:α7
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 絞りをF8まで絞り込むことで、画面全体をシャープに再現。陰影が強くなるように、逆光気味になるアングルを選択した。絞り優先AE(F8、1/125秒)、ISO100、WB:太陽光、焦点距離:16mm、カメラ:α7

 外装は、これまでの同社製カールツァイスレンズと同じく、ひんやりとした感触の金属素材となる。フォーカスリングとズームリングについても細かいローレットを刻んだ金属製で、その操作感は上品で滑らか。一定のトルクを保ったままスムーズに回転する。

 サイズは全長が98.5ミリで、最大径が78ミリ。質量は約518グラムとなる。標準ズーム「Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS」に比べるとやや大きくて重いが、フルサイズ用の超広角ズームとしては特に大柄というほどではない。ただし、ボディ側が比較的小型軽量のため、α7に装着すると少々フロントヘビーになる。ボディにバッテリーグリップを取り付けると、ちょうどいいくらいのバランスだ。

Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS ズームを35ミリ側にセットし、最短撮影距離付近で撮影。光のイルミネーションを丸いボケとして表現した。マニュアル(F4、1/6秒)、ISO320、WB:オート、焦点距離:35mm、カメラ:α7
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 高架の迫力が際立つアングルを選びつつ、垂直線が傾かないように注意して撮影。絞り優先AE(F8、1/800秒)、ISO100、WB:オート、焦点距離:24mm、カメラ:α7
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 手ブレ補正があるので、手持ちによる夜景スナップも問題なく行える。マニュアル(F4、1/15秒)、ISO400、WB:オート、焦点距離:18mm、カメラ:α7
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 飛び立つカモメにつられて咄嗟に撮影した1枚。完全な逆光だが、ゴーストやフレアは目立たない。マニュアル(F8、1/500秒)、ISO100、WB:オート、焦点距離:16mm、カメラ:α7

暗所でも安心できる強力な手ブレ補正

 機能面での特長は、レンズ内に光学式手ブレ補正機構を内蔵すること。試用では、16ミリ側を1/2秒で、35ミリ側を1/4秒でそれぞれブラさずに撮ることができた。補正のオン/オフは、カメラのメニュー画面から切り替える。レンズ側には特にスイッチ類はない。

 AFは、内蔵のリニアモーターによってほぼ無音でスピーディに作動する。最短撮影距離は28センチで、最大撮影倍率は0.19倍。このあたりは標準的なスペックだ。

 写りは、絞り開放値からしっかりと解像し、周辺部までシャープでコントラストの高い描写が得られる。歪曲(わいきょく)や色収差は気にならないレベルだ。

 なお、開放値がズーム全域でF4固定となる同社フルサイズミラーレス用のズームレンズとしては、これまでに標準ズーム「Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS」と望遠ズーム「FE 70-200mm F4 G OSS」の2本が発売されている。ここに本レンズが加わったことで、16ミリの超広角から200ミリの望遠までをF4通しでそろえることが可能になった。

 FEレンズのラインアップはこれでもまだ十分とはいえないが、とりあえずこの3本があれば幅広いシーンに対応できるだろう。

Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS ズームの35ミリ側を使用し、最短撮影距離付近で撮影したもの。ストロボを照射して陰影を際立たせた。マニュアル(F11、1/200秒)、ISO250、WB:太陽光、焦点距離:35mm、カメラ:α7
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 目の前の風景の全体をすっぽりと捉えるのに最適な焦点距離だ。マニュアル(F8、1/500秒)、ISO100、WB:オート、焦点距離:16mm、カメラ:α7
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 広角マクロ的な表現も楽しめる。マニュアル(F11、1/200秒)、ISO400、WB:太陽光、焦点距離:16mm、カメラ:α7

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.