ニュース
» 2015年01月07日 18時59分 UPDATE

世界初:東芝、かざすだけで中身を確認できるNFC搭載SDHCメモリカードを発売

東芝が、世界初となるNFC(近距離無線通信)機能を搭載したSDHCメモリカードを発売する。記録画像を確認するため、PCやカメラのメモリスロットに挿入する手間を省ける画期的な製品だ。

[渡辺まりか,ITmedia]
 NFC搭載SDHCメモリカード

 東芝セミコンダクター&ストレージは1月6日、世界初となるNFC(近距離無線通信)機能搭載のSDHCメモリカードを発表した。2月から順次販売する。

 同製品は、NFCの「かざす」だけでデータのやり取りができる特性を利用したもの。通常、メモリカードの中身を確認するためにはPCやカメラのスロットに挿入する必要があったが、NFC搭載SDHCメモリカードでは専用アプリ「Memory Card Preview」をインストールしたNFC搭載のAndroidスマホをかざすだけでプレビューできる。

 プレビューできるカード内情報は、最大16枚までの画像(サムネイルで表示)、空き容量、保存データの種類、撮影開始日と最終撮影日、カードの名前など。

 専用アプリによるNFC搭載SDHCメモリカードのプレビューイメージ

 転送速度はSDスピードクラス Class10、インタフェースはSDインタフェース規格UHS-I、NFC Forum Type 3 Tagに準拠している。サイズは24(幅)×2.1(奥行き)×32(高さ)ミリで、重量は約2グラム。対応端末は、NFCを内蔵しAndroid 4.0以降を搭載したAndroidスマートフォン。

 容量は8Gバイト、16Gバイト、32Gバイトの3種類。価格はオープンだが、店頭予想価格はそれぞれ2000円台半ば、3000円台半ば、6000円台半ば前後。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.