ニュース
» 2015年01月14日 13時45分 UPDATE

ニコン、DXフォーマットの軽量コンパクトなデジタル一眼レフ「D5500」を発表

ニコンがファミリー層をターゲットにしたコンパクトサイズのデジタル一眼レフカメラ「D5500」を発表した。Wi-Fiやタッチパネル搭載のバリアングル液晶モニターを備えたモデルとしては世界最小・最軽量を実現している。

[園部修,ITmedia]

 ニコンイメージングジャパンが1月14日、「D5500」を発表した。ファミリー層をターゲットに、バリアングル液晶モニター搭載のデジタル一眼レフカメラとしては世界最小・最軽量を実現したDXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ。ボディカラーはブラックとレッドの2色で、2月5日に発売予定だ。ボディの価格はオープンプライスだが、実売想定価格は8万9000円前後(税込)。

D5500 D5500

 キットモデルは「D5500 18-55 VR II レンズキット」(実売想定価格は10万円前後)と「D5500 18-140 VR レンズキット」(実売想定価格13万円前後)、「D5500 ダブルズームキット」(実売想定価格13万5000円前後)の3モデルを用意する。18-55 VR IIレンズキットには、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR IIが、18-140 VR レンズキットにはAF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VRが付属する。ダブルズームキットはAF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR IIとAF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VRのセットとなる。

 有効画素数2416万画素のAPS-CサイズのCMOSセンサーと画像処理エンジンEXPEED 4を搭載し、秒間5コマで最大100コマまでの連続撮影に対応。スペシャルエフェクトモードには、新たに「極彩色」「フォトイラスト」「ポップ」といった各種エフェクトが追加された。各種エフェクトは撮影時に液晶モニターでリアルタイムに演出効果を確認できる。

 D5300の後継モデルで、ボディはカーボン素材の採用などにより約60グラム軽い480グラム(バッテリー、メモリーカード込み)を実現した。またバリアングル液晶モニターにはタッチパネルも備え、タッチした場所にピントを合わせるなど、スマートフォンに似た操作性も実現した。自分撮り、ローアングル、ハイアングルなど多様なシーンでの撮影が容易に行える。

 Wi-Fiにも対応するため、撮影した画像をスマートフォンに転送して共有したり、スマートフォンからカメラをリモート制御したりといった機能を提供。「何気ない家族の日常を残す」ためのカメラと位置付け、ファミリー層に訴求する。

D5500 ボディカラーはブラックとレッドの2色を用意する

 詳細は追って掲載する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.