ニュース
» 2015年01月16日 11時00分 UPDATE

バンガード、カメラバッグ2モデルと双眼鏡エンデバーシリーズの新製品発売

ガードフォースジャパンが、用途の異なるカメラバッグ2モデルと、「Endeavor ED」から新しい双眼鏡「Endeavor ED II」を1月16日、発売する。

[渡辺まりか,ITmedia]

 ガードフォースジャパンは1月16日、VANGUARD(バンガード)ブランドから、カメラバッグ「Havana(ハバナ)」「Oslo(オスロ)」と双眼鏡「Endever ED II」を発売する。

トラベルスタイルのカメラバッグ「ハバナ」

 ハバナシリーズは、旅行を意識したデザインで、カメラを持って自由に活動できるよう工夫されている。

 ラインアップは、ショルダータイプの「Havana 21」「Havana 36」、メッセンジャータイプの「Havana 33」「Havana 38」、バックパックタイプの「Havana 41」だ。

 ショルダータイプの「Havana 21」(写真=左)、メッセンジャータイプの「Havana 33」、バックパックタイプの「Havana 41」

 ショルダータイプではカメラを収納するためのインナーボックス以外にも内装にポケットを用意し、効率よく収納できるようにした。またフロントポケットはすぐ取り出したい小物を入れておくのに便利だ。

 メッセンジャータイプは取り外しができ、単独でも使用可能なインナーボックスを採用。普段使いできるうえ、側面ポケットもあり、使い勝手が良さそうだ。

 バックパックタイプではカメラを下部に収納。上部にはそれ以外の身の回りのものを、背面にはノートPCを収容できる。

 左上から時計回りにショルダータイプの内装、フロントポケット、バックパックタイプのカメラ収納部、インナーボックスを取り外したメッセンジャータイプの内装

 仕様や価格は下記のとおり。

モデル名 価格(税別) 外寸 重量
Havana 21 7670円 270(幅)×145(奥行き)×210(高さ)ミリ 340グラム
Havana 36 1万3330円 395(幅))×195(奥行き)×255(高さミリ 610グラム
Havana 33 1万8330円 390(幅))×200(奥行き)×290(高さミリ 840グラム
Havana 38 2万1670円 440(幅)×200(奥行き)×290(高さ)ミリ 920グラム
Havana 41 1万8330円 310(幅)×230(奥行き)×405(高さ)ミリ 850グラム

シンプルなカメラバッグ「オスロ」

 オスロシリーズはシンプルかつ気軽にカメラを持ち出せるようデザインされたカメラバッグだ。

 ズームタイプの「Oslo 12Z」「Oslo 14Z」、ショルダータイプの「Oslo 15」「Oslo 22」「Oslo 25」、スリングタイプの「Oslo 37」「Oslo 47」をラインアップ。それぞれに、ブラック、グレー、バーガンディの3色を用意した。

 ズームタイプの「Oslo 12Z」(写真=左)。ショルダータイプの「Oslo 22」(写真=中)。スリングタイプの「Oslo 37」(写真=右)

 どのタイプも、底面に保護力のある素材を採用しており、レインカバーも付属。カメラが取り出しやすいだけでなく、保護する工夫もされている。

 仕様や価格については下表を参照してほしい。

モデル名 価格(税別) 外寸 重量
Oslo 12Z 4670円 165(幅)×115(奥行き)× 170(高さ) 200グラム
Oslo 14Z 6170円 190(幅)×130(奥行き)× 225(高さ) 220グラム
Oslo 15 6170円 190(幅)×140(奥行き)× 200(高さ) 230グラム
Oslo 22 7670円 250(幅)×155(奥行き)× 255(高さ) 370グラム
Oslo 25 9170円 305(幅)×205(奥行き)× 275(高さ) 540グラム
Oslo 37 1万1330円 235(幅)×175(奥行き)× 345(高さ) 550グラム
Oslo 47 1万3000円 235(幅)×175(奥行き)× 415(高さ) 630グラム

生まれ変わったバンガード最高峰の双眼鏡「Endeavor ED II」

 バンガード最高峰の双眼鏡「Endeavor ED」を改良して、生まれ変わったのが「Endeavor ED II」。これまで専門店や同社のオンラインショップでのみ販売していたが一般販売される。

 レンズには高透過度のHOYA製ED(特殊低分散)ガラスを採用。マイルドな明るさのため全体的に柔らかく見え、長時間の観察に向いている。また視度調整リングはロック可能。アイカップは3段階に調整できる。最短合焦距離は1.8メートルから2メートルと、これまでになく短くなった。

 窒素ガスを充填(じゅうてん)しているため、雨天時でも水が内部に入り込むことなく、安心して使える。

 ラインアップは、「Endeavor ED II 8320」「Endeavor ED II 8420」「Endeavor ED II 1042」の3種類。倍率は8倍、8倍、10倍で、価格はそれぞれ5万5000円、6万5000円、7万円(税別)。

 写真左から「Endeavor ED II 8320」「Endeavor ED II 8420」「Endeavor ED II 1042」

 サイズは128(幅)×132(長さ)ミリ、130(幅)×154(長さ)ミリ、130(幅)×154(長さ)ミリで、重量は540グラム、770グラム、770グラムとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.