ニュース
» 2015年01月22日 18時00分 UPDATE

交換レンズ百景:魚眼レンズとアートフィルターで見慣れた景色も違って見える――オリンパス「フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980」

オリンパスが、ボディーキャップ代わりに付けておくレンズとして展開しているボディーキャップレンズに、焦点距離9ミリの魚眼レンズが登場。ちょっとした街歩きに便利だし、アートフィルターとの相性もいい。

[三井公一,ITmedia]

 以前この連載でインプレッションしたオリンパス「ボディーキャップレンズ BCL-1580」。そのフィッシュアイ版「フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980」が登場している。極薄なのでボディーキャップ代わりにカメラボディに装着でき、いざという時には撮影もできるという便利な代物だ。

フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 ボディーキャップレンズの第2弾、「フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980」も、コンパクトなミラーレス一眼を街歩きに持ち出すのにちょうどいい

 BCL-0980という型番から分かるように、このレンズは「9ミリ」の「F8」というスペックだ。4群5枚のレンズ構成で非球面レンズ2枚を使用している。マイクロフォーサーズ規格なので35ミリ版換算で18ミリ相当の焦点距離となるが、画角は140度でやや狭めなフィッシュアイレンズということになる。

 外観はプラスティッキーでチープな雰囲気だが、ボディーキャップという役割と価格を考えると納得のいくものだ。絞りはF8固定なので、動く部分はレンズバリア兼フォーカスレバーのみ。レバーのクリックストップは、レンズバリア「閉」、無限遠、パンフォーカス、「0.2m」位置の4カ所だ。微調整も可能だが通常はパンフォーカス位置で事足りるだろう。このレバー、とても軽い力で動いてしまうので、黒いパーマセルテープなどで固定した方が撮影の失敗が少ないと思う。BCL-1580は4カラー用意されていたのだが、このBCL-0980はブラックとホワイトの2カラーしか用意されないのが残念だ。

 BCL-1580同様、BCL-0980の写りは外観から想像するよりもきちんとしたものだ。個人的にはもっとトイカメラ風に“写らない”レンズの方が好みなのだが、なかなかしっかりと写ってくれる。中心部の描写はかなりよいが画面周辺部に行くに従って像が荒れるのも許せるだろう。これならば格安のフィッシュアイレンズだと思って使ってもいいかもしれない。

 「PEN Lite E-PL7」にBCL-0980を装着してブラブラと撮影散策をしたが、感じるままにイージーに撮影するのがとても楽しかった。ISO感度オートに設定し、ピントはパンフォーカス位置に、あとはアートフィルターのブラケットモードにして、「!」と思ったものをストレートに写しとるのだ。

 以前も書いたがその撮影感覚はiPhoneでスナップをしているそれに近い。光と構図だけを意識してパシャパシャとシャッターを切るのがマッチしていた。なんとも優れもののボディーキャップである(笑)。マイクロフォーサーズボディをお持ちなら、是非このボディーキャップレンズを装着しておくことをオススメしたい。できれば2種類そろえておくとより楽しめると思う。

フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 F8、1/100秒、ISO400、プログラム、WBオート

 140度フィッシュアイの写る範囲はこんな感じ。パンフォーカス位置だと2〜3メートル付近の描写がいいようだ。カメラを構える自分の指先が写り込まないように気をつけたい。

フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 F8、1/125秒、ISO400、プログラム、WBオート、-0.7EV、ドラマチックトーン

 フィッシュアイなのでより迫力を出すために被写体にググッと寄ってみよう。アートフィルターを組み合わせて、街の見慣れた景色を印象深く写そう。

フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 F8、1/125秒、ISO320、プログラム、WBオート、-0.3EV、ラフモノクローム

 何気ない見慣れた景色もフィッシュアイで心象風景的になる。このボディーキャップレンズだけで出かけるのも悪くない。

フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 F8、1/200秒、ISO200、プログラム、WBオート、+0.3EV、リーニュクレール

 普通に撮影してつまらないときはアートフィルターが面白い。どのフィルターか迷ったならばアートフィルターのブラケットモードを使おう。1回のシャッターでさまざまなエフェクトの写真が得られるからだ。記録に時間がかかるのが難点だが、イージーさにはかえられない。

フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 F8、1/100秒、ISO100、プログラム、WBオート、-0.7EV、ヴィンテージ

 フィッシュアイなので狭い空間でもデフォルメした広いイメージを撮ることが可能だ。この画角で撮影もできるボディーキャップ、というのはかなり魅力的である。

フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 F8、1/100秒、ISO1250、プログラム、WBオート、-2EV、ライトトーン

 暗い場面でもISO感度オートで臆さず撮影しよう。ボディー内手ぶれ補正機能を持つE-PL7ならばなお安心である。「雰囲気」を写しとるのだ。

フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 F8、1/125秒、ISO1250、プログラム、WBオート、-1EV、トイフォト

 やはりこのボディーキャップレンズはアートフィルターと組み合わせて使うと面白い。バッチリ決まるとムーディーなカットを手にすることができるからだ。このボディーキャップレンズを使うために、中古のPENシリーズを買い求めるのもいいかもしれない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.