ニュース
» 2015年02月05日 14時28分 UPDATE

富士フイルム、高速AFが魅力のプレミアムコンデジ「FUJIFILM XQ2」を2月26日発売

富士フイルムが2月5日、「X-TransTM CMOS II」センサーやF1.8の明るいレンズを備えたプレミアムコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM XQ2」を発表した。発売日は2月26日。

[渡辺まりか,ITmedia]

 富士フイルムは2月5日、プレミアムコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM XQ2」を発表した。価格はオープンで、実売予想価格は4万5000円前後(税別)。販売は2月26日から。カラーはブラック、シルバー、ホワイトの3種類。

FUJIFILM XQ2 FUJIFILM XQ2 ブラック
FUJIFILM XQ2 FUJIFILM XQ2 シルバー
FUJIFILM XQ2 FUJIFILM XQ2 ホワイト

 FUJIFILM XQ2は、約206グラムと軽量コンパクトでありながら、独自の「X-Trans CMOS II」センサーを搭載し、明るいF1.8フジノンレンズや画像処理との組み合わせにより、高画質を実現した、いつでも持ち歩けるコンパクトデジタルカメラ。

 2/3型以上センサーを搭載したデジタルカメラとしては世界最速となる0.06秒でのAF、高速画像処理エンジン「EXRプロセッサー II」による起動時間0.99秒、シャッタータイムラグ0.015秒、撮影間隔約0.3秒、などを実現しており、きびきびとした動作が魅力だ。連写速度は最速12コマ/秒(連続9コマ)。ピントの合っている部分を自動的に最大9点表示する「マルチターゲット オートエリアAF」を搭載した。

 また、レンズの性能を最大限に引き出す同社独自の「点像復元処理」を搭載し、画像のすみずみまで鮮明で立体的な画像を得ることが可能に。Xシリーズおなじみのフィルムシミュレーションには、深みのある色合いと豊かな陰影の写真表現ができる「クラシッククローム」モードも設定可能で、多彩な撮影が楽しめる。さらに、カメラ内RAW現像機能があるため、専用ソフトがなくても、設定を変更しながらRAWデータをJPEG画像に現像できる。

 レンズマウント部周辺には、絞りやシャッタースピード、露出補正など13の項目から好みの設定を割り当てて使用できるコントロールリングを搭載。あらかじめ割り当てておけば、メニュー画面で操作するより直感的に設定の変更が可能だ。

 有効画素数は1200万画素で、撮像素子は2/3型 X-Trans CMOS IIセンサー。光学ローパスフィルターレス仕様となっている。レンズはフジノン光学式4倍ズームレンズで、F値はF1.8〜F11(広角)、F4.9〜F11(望遠)。ISO感度は自動で3200まで設定可能で、標準では100〜12800。

 3.0型TFTカラー液晶モニターを搭載し、サイズは100(幅)×33.3(奥行き)×58.5(高さ)ミリ。重量は付属バッテリーとメモリーカードを内蔵した状態で約206グラム。本体のみでは約187グラムとなっている。バッテリーはリチウムイオンタイプで、標準撮影枚数は約240枚。充電式バッテリー(NP-48)、ACアダプター、プラグアダプター、ハンドストラップなどが付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.