ニュース
» 2015年02月05日 14時46分 UPDATE

防水・防じん・耐低温・耐衝撃 4つのタフネスを備えたデジタルカメラ「FinePix XP80」――富士フイルムから

富士フイルムが2月5日、IP68をクリアした防水・防じん性能、摂氏-10度までの耐低温性を備え、1.75メートルからの落下にも耐えられる耐衝撃構造のタフネスデジタルカメラ「FinePix XP80」を発表。オープン価格で、実売予想価格は2万5000円前後(税別)。2月26日から販売される。

[渡辺まりか,ITmedia]

 富士フイルムは2月5日、レジャーシーンに最適なデジタルカメラ「FinePix XP80」を発表した。ブラック、イエロー、ブルーの3色展開で、発売日は2月26日。価格はオープンで、実売予想価格は2万5000円前後(税別)。

 「FinePix XP80」。左からブラック、イエロー、ブルー

 同機種は撮影時約179グラムという小型軽量ボディに4つのタフネスを備え、さまざまなシーンでの撮影に適したデジタルカメラ。防水・防じん性能では、保護規格IP68に準拠し、水深15メートルでも使用可能。摂氏−10度までの耐低温性能と合わせて、スキーやマリンスポーツなどレジャーシーンにも手軽に持ち歩ける。さらに、1.75メートルからの落下にも耐えられるため、万が一にも安心だ。

 有効画素数は1640万画素で、1/2.3型正方画素 裏面照射型CMOSセンサーを搭載。レンズは、35ミリ換算で広角28ミリ〜140ミリ相当のフジノン光学式5倍ズームレンズを搭載。光学手ブレ補正機能もあるため、暗い場面でも撮影できる。また、富士フイルム独自の画質設計技術により、水中撮影時の“青色”を自然に再現する「水中」「水中マクロ」モードでの撮影も可能。静止画11種類、動画6種類の撮影効果を選べる「アドバンストフィルター」機能も搭載しており、アーティスティックな写真撮影を楽しめる。

 撮影機能としては、10コマ/秒(フル画素時最大10枚)の連写と、フルハイビジョン60コマ/秒の動画に対応。さらに15秒から10分の5段階の間隔で撮影できるインターバルタイマー撮影機能を搭載し、定点観測撮影も可能。

 開放F値はF3.9〜F4.9。最大約2倍のデジタルズームを使えば、光学5倍と併用して、最大約10倍のズーム撮影ができる。ISO感度は標準で100〜6400。

 サイズは104.1(幅)×25.9(奥行き)×66.5(高さ)ミリで、重量はバッテリーとメモリーカードを含んだ状態で約179グラム、本体のみでは約162グラム。2.7型TFTカラー液晶モニターを搭載。

 バッテリーはリチウムイオンタイプの充電式で、標準撮影枚数は約210枚。バッテリー、ACパワーアダプター、プラグアダプター、ストラップなどが付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.