ニュース
» 2015年02月05日 17時45分 UPDATE

高速・静音・明るいズームレンズ「フジノンレンズ XF 16-55mmF2.8 R LM WR」

全域でF値2.8の明るいズームレンズ「フジノンレンズ XF 16-55mmF2.8 R LM WR」を富士フイルムが発表。防じん・防滴・耐低温設計、高速・静音ズームで、さまざまなシーンでの撮影に対応する。オープン価格で、実売予想価格は13万円前後(税別)。2月26日発売。

[渡辺まりか,ITmedia]

 富士フイルムは2月5日、プレミアムミラーレスカメラ「Xシリーズ」の交換レンズラインアップとして「フジノンレンズ XF 16-55mmF2.8 R LM WR」を発表した。価格はオープンで、店頭想定価格は13万円前後(税別)。販売は2月26日開始。

 「フジノンレンズ XF 16-55mmF2.8 R LM WR」

 フジノンレンズ XF 16-55mmF2.8 R LM WRは、「XF 標準ズームレンズ」のフラッグシップモデルとなっており、35ミリ換算で広角24ミリ〜中望遠84ミリまでの全域で、開放F値2.8を実現した明るいズームレンズ。歪曲(わいきょく)収差を抑制する3枚の非球面レンズ、色収差を抑制する3枚のED(異常分散)レンズを用いた12群17枚のレンズ構成で、ズーム全域で画面のすみずみまで高い解像力を実現したという。

 さらに、独自開発のナノGI(Gradient Index)コーティング技術を採用しているため、斜めからの光に対してもゴーストやフレアを抑制し、クリアな画像を得られる。

 駆動部にはリニアモーターを搭載。Xシリーズボディと組み合わせることにより、最速0.06秒の高速AFを可能にし、静かなシャッター音と静かなAFで、空気感を壊すことなく撮影できる。また、シャッターを半押ししてAFで合焦した後も、ボタンなどの操作なしにマニュアル操作でフォーカス可能。微調整が簡単にできる(ボディによってはファームアップが必要)。

 さらに、防じん、防滴に加えセ氏−10度までの耐低温仕様なので、「FUJIFILM X-T1」との組み合わせで撮影シーンの幅が広がる。

 画角は83.2度〜29度。F値はF2.8〜F22。撮影距離は標準で0.6メートルから。マクロでは広角0.3メートル〜10メートル、望遠で0.4センチ〜10メートル。

 サイズは83.3(直径)×106〜129.5(高さ)ミリで、重量は約655グラム(レンズキャップやフード含まず)。フィルターサイズは直径77ミリだ。別売りアクセサリーとして、プロテクトフィルター(税別価格1万1300円)とレンズフロントキャップ(税別1100円)が用意されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.