ニュース
» 2015年02月06日 13時27分 UPDATE

“Kiss”はちょっと……な人へ:“機能”を求めるユーザー向けのプレミアムエントリーモデル「EOS 8000D」

ファミリーユーザーであっても、EOS Kissシリーズよりは本格志向が強いユーザーに対して、上位機並みの操作性や機能を搭載したプレミアムエントリーモデルに位置付けられるのが「EOS 8000D」だ。

[園部修,ITmedia]

 キヤノンが2月6日、エントリークラスのユーザーをターゲットにした新モデル「EOS 8000D」を発表した。2015年4月下旬に発売する。同時発表された「EOS Kiss X8i」の兄弟モデルで、エントリーレベルにも高機能を求めるユーザーをターゲットとする。

 ボディのみ、EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STMがセットになった「18-135レンズキット」、EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMとEF-S55-250mm F4-5.6 IS STMをセットにした「ダブルズームキット」を用意する。価格はオープンプライスだが、実売予想価格はボディのみが9万7800円前後、18-135レンズキットが13万4800円前後、ダブルズームキットが13万48000円前後(いずれも税別)。

EOS 8000D EOS 8000D
EOS 8000D
EOS 8000D

 ボディはEOS Kissシリーズと変わらないコンパクトさながら、中級機と遜色ない操作系を搭載し、有効約2420万画素のCMOSセンサーと画像処理エンジン「DIGIC6」を採用した。オールクロス19点AFやハイブリッドCMOS AF IIIによる快適で高曽なAFを実現。EOS Kiss X7比で約4.8倍のAFの高速化を果たした。サブ電子ダイヤルや上面の情報表示液晶などもエントリーモデルとしては初めて搭載している。

 スマートフォンなどと簡単に接続できるWi-FiやNFCなども搭載し、リモート撮影や撮影写真の共有なども容易に行える。フルHD動画の撮影も可能だ。外形寸法は131.9×100.9×77.8ミリ、重量は約565グラム(メモリーカード、バッテリー含む)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.