ニュース
» 2015年02月10日 18時22分 UPDATE

光学60倍ズームで月や鳥の撮影にも威力を発揮する「COOLPIX P610」

1センチマクロから60倍ズームまでさまざまな撮影に対応できるコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX P610」をニコンが発売する。オープン価格だが、実売予想価格は5万3000円前後(税込)。2月26日発売予定だ。

[渡辺まりか,ITmedia]

 ニコンは2月10日、高性能なコンパクトデジタルカメラPシリーズから高画質な望遠撮影を楽しめる「COOLPIX P610」を発表した。カラーはブラックとレッドの2色展開で、2月26日発売予定。価格はオープンで、実売予想価格は5万3000円前後(税別)。

 光学60倍ズームの「COOLPIX P610」

 COOLPIX P610は、35ミリ換算で広角24ミリ〜1440ミリ相当、光学60倍ズームのNIKKORレンズを小型ボディに搭載したモデル。望遠時に見失いがちな被写体を捕捉するため一時的に画角を広げられる「クイックバックズームボタン」や、難しい月や野鳥の撮影が簡単にできるシーンモードも備える。さらに、レンズ前約1センチまで寄れるマクロ撮影も可能。

 バリアングルタイプの3型約92万画素TFT液晶モニターのほか、アイセンサー付き電子ビューファインダーと5.0段手ブレ補正機能搭載。撮影タイムラグ約0.12秒、連写は最大画像サイズで約7コマ/秒で、シャッターチャンスを逃さない設計になっている。

 有効画素数は1605万画素、F値はF3.3〜F6.5。サイズは125(幅)×106.5(奥行き)×85(高さ)ミリ(突起部除く)、重量は電池とメモリーカードを含んだ状態で約565グラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.