ニュース
» 2015年02月12日 14時22分 UPDATE

東芝、世界初のNFC搭載SDHCメモリーカードの発売日決定

東芝セミコンダクター&ストレージが発表していた、かざすだけで中身を確認できる「NFC搭載SDHCメモリーカード」の発売日が決定した。8Gバイト、16Gバイト、32Gバイトとも2月21日。

[渡辺まりか,ITmedia]

 東芝セミコンダクター&ストレージは、世界初となるNFC(近距離無線通信)機能搭載のSDHCメモリカード3種を発表し、2月から順次販売するとしていたが、販売開始日を2月21日に決定した。

 世界初となるNFC搭載SDHCメモリーカード「SD-NFC32GA」(32Gバイト)

 NFC搭載SDHCメモリーカードは、容量の異なる32Gバイト(SD-NFC32GA)、16Gバイト(SD-NFC16GA)、8Gバイト(SD-NFC08GA)の3種類。NFC搭載なので、専用アプリ「Memory Card Preview」をインストールしたNFC搭載のAndroidスマホをかざすだけでプレビューできる。

 価格はオープンで、実売予想価格はそれぞれ2000円台半ば前後、3000円台半ば前後、6000円台後半から7000円前後となっている。

 なお、同製品は2月12日からパシフィコ横浜で開催の「CP+(シーピープラス) 2015」にも展示される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.