レビュー
» 2015年02月19日 16時30分 UPDATE

交換レンズ百景:取り回しが容易な、驚きの小型軽量望遠レンズ――ニコン「AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR」

PFレンズを採用したことで、300ミリF4の望遠レンズがグッとコンパクトにまとまった。持ち運びやすく、振り回しやすいレンズに仕上がっており、気軽に撮影に持ち出せる。

[三井公一,ITmedia]
AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR(ボディはDf)

 ニコンから劇的にコンパクトになった300ミリが登場した。その名は「AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR」。小型軽量なので持ち運びしやすく、振り回しやすいので頼りになる1本になりそうだ。

 グッとレンズが軽量化した理由は「PFレンズ」だ。PF(Phase Fresnel:位相フレネル)レンズはニコンが開発した光の回折現象を使って色収差を良好に補正するもので、これと通常のガラスレンズをミックスすることにより、レンズの薄肉化や部材の小型軽量化を実現したという。

 確かにこのレンズを初めて見たときは「え、これが300ミリ!?」と驚いたほどだ。イメージ的には「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED」程度と思ってもらえばいい。前モデル「AI AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED」(三脚座取り外し時)と比較すると、全長で約75ミリ、最大径で約1ミリ、重さで約545グラムものスリム、コンパクト化に成功している。これはスゴい。気軽にカメラバッグに入れて持ち歩いても苦にならないサイズ感だ。この大きさで「SPORTモード」搭載VR、ナノクリスタルコート、フッ素コート、PF&EDレンズと至れり尽くせりな印象である。

 モノとしての存在感もいい。ニコンらしく真面目で実直な造りだ。スムーズなピントリングや節度感のあるスイッチ類は「道具」としての安心感に満ちあふれている。汚れが付着しにくく、付いた場合でも簡単に拭き取れるフッ素コートを採用するなど、撮影に専念できる仕様が嬉しい。フードもしっかりとした造りだが、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED同様ロック付きだったら申し分なかったのにと思う。

 今回はニコン「Df」に装着して撮影したが写りも良好だ。絞り開放からピントも確実に決まり、描写も自然なシャープさを見せてくれる。PFレンズなどと聞くと、何やら特徴的な写りをするのではないか?と思うが、EDレンズとのマッチングでとてもクリアな写真を撮ることができた。後ボケの美しさとヌケ感のよさは気持ちがいいくらいである。

 なおPFレンズは特性上、強烈な点光源などを撮影した場合に、独特な色つきのリング状フレアが出現することがある。これはニコンから無料で配布されているソフトウェア「Capture NX-D」で低減することが可能なので、もしこの現象が出たら「PFフレアコントロール」機能を試してみてほしい。

 ズームレンズではもの足りず、かといってサンニッパは難しい、というシチュエーションや、フットワーク重視の撮影では、このAF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRのコンパクトさと機動性はとても重宝するに違いない。一度このサイズ感を手にとって実感してほしいと思う。

AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR F6.3、1/500秒、ISO400、マニュアル、WBオート

 歩き回るレッサーパンダを、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRを装着したニコンDfで撮影。コンパクトに収まるシステムはホールドもしやすく、被写体を追い続けるのも長時間の撮影も快適だ。AFも優秀で確実に目を捉えてくれた。

AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR F4、1/500秒、ISO400、マニュアル、WBオート

 寒空の下、欄干に留まるユリカモメの群れを絞り開放で狙った。自然で美しいボケと立体感がとても気に入った。一番手前にいるユリカモメの羽毛の描写も素晴らしい。

AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR F4、1/500秒、ISO400、マニュアル、WBオート

 新たに搭載されたVR「SPORTモード」もいい。手ブレ補正効果4.5段に加えて、動きの激しい被写体を追い続ける時でもファインダー像が安定してとても撮影しやすかった。スポーツにはその名の通り効果絶大だろう。

AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR F4、1/500秒、ISO100、マニュアル、WBオート

 軽量コンパクトなのでいつでも300mmを持ち歩けるというメリットはデカい。しかも単焦点なので画質面でズームレンズに対して大きなアドバンテージがある。開放から安定した描写を見せるこのレンズは様々なシーンで有効だろう。

AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR F4、1/500秒、ISO100、マニュアル、WBオート

 サンニッパだとD4Sやマルチパワーバッテリーグリップを装着したD810などとバランスがいいが、このAF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRだと、そもそもそのグリップが存在しないDfや非装着のD750などとのマッチングがいいのでオススメである。

AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR F7.1、1/250秒、ISO100、マニュアル、WBオート

 このレンズは「常に持ち歩ける単焦点300mm」だ。気になるシーンを気軽に撮影したいものだ。少し絞ってやれば画面中央部だけでなく周辺部も満足のいく描写となる。

AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR F8、1/1000秒、ISO100、マニュアル、WBオート

 向こう岸、航行中の船、水面、流氷まで現実感のある写りだ。より高画素のD810などと組み合わせれば、もっと精細感のあるクリアな写真を得られると思う。

AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR F8、1/2000秒、ISO100、マニュアル、WBオート

 霊峰富士の肩に沈む太陽を撮ったが、逆光時の描写も満足のいくモノだ。山頂付近で吹きすさぶ雪煙と、それを透かす光の感じがリアルに出ている。何よりも軽量コンパクトなこのレンズはフットワークを生かした撮影にピッタリなのが頼もしい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.