ニュース
» 2015年03月02日 14時26分 UPDATE

ニコン、光学83倍ズームのNIKKORレンズ搭載「COOLPIX P900」発売

ニコンが3月2日、光学83倍ズームの超望遠撮影が可能な高性能コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX P900」を発表した。販売は3月19日からで、予想実売価格は7万5000円(税込)。

[渡辺まりか,ITmedia]

 ニコンは3月19日、高性能コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX P900」を発売する。価格はオープンで、予想実売価格は7万5000円(税込)。

 「COOLPIX P900」
 光学83倍ズームで撮影可能な超望遠NIKKORレンズ搭載

 COOLPIX P900は、35ミリ換算で広角24ミリ〜超望遠2000ミリ相当までをカバーし、光学83倍ズームで撮影できるNIKKORレンズ搭載のコンパクトデジタルカメラ。大口径のスーパーEDレンズが、色収差の補正、超望遠撮影時やレンズ前約1センチのマクロ撮影時でも高画質撮影を可能にしている。

 角速度センサーによる“手ブレ情報”と画像情報をもとにした“動く方向と量”の2つのブレ情報を、新開発VRアルゴリズムによって演算処理する5段の手ブレ補正機能を搭載。

 野鳥や月向けの専用シーンモードを備えることで、撮影も簡単に行えるという。

 ファインダーは、視野率約100%、約92万画素の0.2型液晶電子ビューファインダーで、アイセンサー付き。目を近づければ、約92万画素の広視野角3型バリアングルTFT液晶モニターから、表示が自動的に切り替わる。さらに最広角側で0.12秒、最望遠側で0.75秒の高速AF、超望遠撮影時に見失ってしまった被写体を補足できるよう一時的に画角を広げる「クイックバックズームボタン」、片手で素早く設定が変更できる「コマンドダイヤル」「モードダイヤル」を搭載するなど、シャッターチャンスを逃さない工夫がなされている。

 広視野角3型、約92万画素のバリアングルTFT液晶モニター搭載

 有効画素数は1605万画素。レンズは焦点距離が4.3ミリ〜357ミリ(35ミリ換算で24ミリ〜2000ミリ相当)、開放F値F2.8-6.5、レンズ構成が12群16枚のNIKKORレンズ。サイズは139.5(幅)×137.4(奥行き)×103.2(高さ)ミリで、重量は電池とメモリーカードを含んだ状態で約899グラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.