レビュー
» 2015年03月02日 19時00分 UPDATE

新世代カメラを楽しむ:スポーツやアウトドアでなくても普通に楽しい! カシオ「EX-FR10」の遊び方 (1/3)

カシオのEXILIM EX-FR10は、カメラとコントローラ(モニター)が分離する、新感覚のデジカメだ。その特徴故に、使いこなしが難しいと思うかもしれないが、実際に触ってみれば、すぐにいろいろな楽しみ方ができてしまう。

[荻窪圭,ITmedia]

 カシオのEXILIM 「EX-FR10」はカメラ部とモニター部が分離する、セパレートタイプの新感覚デジカメだ。カメラ部は小型軽量だし、電波が届く範囲ならどこをどう持ってもOKなのだから、アイデア次第で今までじゃできない撮影も可能という面白い製品だ。

 なんて書いちゃうのは至極簡単なんだが「アイデア次第」っていわれても困るよな、と思うわけである。思い付くだけならいろいろあるが、実際のところどうなのだろうか。アウトドアで楽しそうだけど、特にFR10じゃなきゃいけないような趣味を持っている人以外にとってはどうなの? どんなアイデアがあるの? と。

 じゃあ実際にあれこれ試してみよう、というのが今回の趣旨である(正確にいえば、試してもらった、だな)。

FR10の基本は「自撮り」である

 FR10はカメラ部とコントローラー部(モニター)が分離するセパレート型カメラである。両者はBluetoothでつながってる。

 カメラ部は35ミリ判換算で21ミリ相当の単焦点レンズを備え、1/2.3型CMOSセンサー搭載。広角単焦点ってところがいい。機動力命だから、ズーミングなんてしてるとタイミングを逃しちゃうのだ。さっとカメラを向けてさっと撮れるのが大事。

 そしてFR10は「自撮りカメラ」である。コントローラーとカメラを装着した状態で、カメラのレンズとモニターが同じ向きを向いてるのだ。電源を入れたら即自撮りモード。

 だったら、自撮り文化の真っ只中に生きている女子に使ってもらうしかないじゃないか。

 というわけで、20代女子2人の登場である。普段はわたしが撮影するのであるが、今回はもうほぼノータッチ。写真を見てもらえば分かるとおり、わたしは「ふたりがFR10で遊んでる姿を撮るだけ」状態。ほとんどポーズもつけてないので、ふたりが素で遊んでいた。

 まずは基本は自撮り。カメラとコントローラーが合体した状態でこのように自撮りである。

EX-FR10 こんな感じで構える
EX-FR10 撮れた絵がこちら。メイクアップモードをオンにしてるので、自動的に美肌がかかる。カシオのコンデジの特徴なり
EX-FR10 こんな感じで構える。撮影は側面のシャッターボタンでもモニタのタッチでもOK
EX-FR10 撮れた絵がこちら。屋外だと色もきれい。広角なので背景も広く写るしボケないのでどこで撮ったかもばっちり

 ちなみに、正面を撮りたいときは、カメラ部をくにっと向こう側に曲げてやればいい。わたしのお勧めの持ち方はこちら。こう曲げて指を間に挟んでやると実に持ちやすいのだ。

 カメラ部は90度横方向に回せるので、コントローラを縦に持っても横位置の写真を撮れるのだ。

EX-FR10 こう持てば簡単に普通のカメラのように正面も撮れる
EX-FR10 それがこれ。斜めになっている理由は彼女に聞いて下さい。斜めに撮りたかったらしいです。きっと観覧車を構成するパイプがきれいに見える角度にしたかったんだと思う

カメラ部を切り離して撮ろう

 側面のボタンを押すとカメラ部をさっと取り外せる。メカ的にはすごく単純。

 そしたら2人はこんなことを始めたのだった。1人がカメラを持ち、1人が画面を見ながらシャッターという分担が自動的に決まったもよう。撮影シーンと実際に撮った写真をペアでどうぞ。

EX-FR10 葛西臨海公園の「ダイヤと花の大観覧車」の中で
EX-FR10
EX-FR10 いきなり立ち上がる2人。自撮りの基本はちょっと上からである
EX-FR10

FR10は自撮り棒との相性がすごくいい

 FR10は自撮り棒やミニ三脚との相性もすごくいい。本体付属品だけでも三脚に装着できるが、着脱をすばやく行うには、別売りの三脚マウンターを用意すべし。これならワンタッチでさくっと着脱できる。

EX-FR10 三脚マウンターを三脚に装着すれば、あとはこのようにカメラ部をがちゃっとはめるだけというシンプル仕様だ

 この要領で自撮り棒(今回はベルボンのコールマンコラボモデル「CVSS-6」を使用)にFR10を付けてみたのがこちら。せっかくカメラ部を切り離せるのだから、手を伸ばしただけでは無理なくらい遠くに置いて撮りたいじゃないかというわけで、狭い観覧車で自撮り棒のふたり。こちらも撮影風景とペアで。

EX-FR10 棒をうまく持てば伸ばした腕も写らない。コントローラーもうまく隠せば不思議な自撮り写真に
EX-FR10 美肌処理がかかった変顔写真の完成

 手でカメラを直接持つと、どうしても片腕を伸ばした自撮り写真になっちゃう。でも自撮り棒で延長すれば、手を伸ばしてる姿が映らないので、自撮りなんだけどカメラをどう持ってるのかわからない自然な写真を撮れる。

 いやだからといって変顔をしなくてもいいんだけれども……しちゃったものはしょうがないので、無慈悲に掲載いたします。

 自撮り棒の良さは、腕を伸ばすことでいろんなアングルを楽しめること。

EX-FR10 海をバックに自撮り棒
EX-FR10 これがその写真

 梅の木を見つけたらすすっと棒を伸ばした2人。

EX-FR10 後ろから見てたら、いきなり自撮り棒ごとFR10を梅の枝の間に突っ込んだのだから感心
EX-FR10 梅花ごしにダブルピース
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.