ニュース
» 2015年03月03日 22時00分 UPDATE

縦撮りできる、動作時間もアップ:JTT、「FUJIFILM X-E1/E2」「LUMIX G5/G6」向けバッテリーグリップを発売

日本トラストテクノロジーが、富士フイルム「FUJIFILM X-E1/E2」とパナソニック「LUMIX DMC-G5/G6」向けに、バッテリーグリップを発売した。

[渡辺まりか,ITmedia]

 日本トラストテクノロジーは3月3日、バッテリーグリップ「DODA-E」(ドダ・イー)シリーズから「バッテリーグリップ DODA-E for X-E1/E2」(以降for X-E1/E2)と「バッテリーグリップ DODA-E for G5/G6」(以降 for G5/G6)を発売した。どちらも価格は8980円(税込)。

 「バッテリーグリップ DODA-E for X-E1/E2」(写真=左)と「バッテリーグリップ DODA-E for G5/G6」(写真=右)

 for X-E1/E2は富士フイルム「FUJIFILM X-E1」および「FUJIFILM X-E2」向け、またfor G5/G6はパナソニック「LUMIX DMC-G5」および「LUMIX DMC-G6」向けのバッテリーグリップ。

 X-E1/E2、G5/G6ともに、純正のバッテリーグリップがラインアップされていないため、予備バッテリーを別に持ち歩いたり、縦位置で撮影する際のホールド性がよくなかったりするが、DODA-Eのバッテリーグリップはそのどちらの課題も解決するとしている。

 DODA-Eシリーズのバッテリーグリップにはカメラ用バッテリーを2個搭載可能。撮影時間が2倍に伸びるほか、純正バッテリーを使用するためカメラ側でバッテリー残量の確認もできる。

 縦位置撮影時には、持ちやすいだけではなく、シャッターボタンも搭載しているため、無理に手首をひねらずにすみ、安定感が増すという。さらに適度な重みがあるため、重量バランスが良くなり手ブレの軽減も図れるとしている。

 左がfor X-E1/E2、右がfor G5/G6。どちらもシャッターボタンを搭載している

 サイズと重量(バッテリー含まず)は、for X-E1/E2が12.5(幅)×8.8(奥行き)×6.2(高さ)センチ、約122グラム、for G5/G6が12.5(幅)×3.9(奥行き)×6.1(高さ)センチ、約118グラム。いずれも最大バッテリー搭載数は2個で純正バッテリーのみ対応。ケーブルカバーが付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.