ニュース
» 2015年03月19日 10時30分 UPDATE

キヤノン、「EOS M3」と周辺機器を3月26日に発売

有効約2420万画素のCMOSセンサーを搭載したミラーレス一眼「EOS M3」の発売日が3月26日に決まった。

[ITmedia]

 キヤノンマーケティングジャパンが3月19日、同社の3世代目となるミラーレス一眼「EOS M3」を3月26日から販売すると発表した。これまで3月下旬の発売と案内していた。

EOS M3 EOS M3

 EOS M3は、約2420万画素のCMOSセンサーを搭載し、同社のデジタル一眼レフ機と遜色ないスペックを実現したミラーレス一眼。AFの高速化や、ダイヤル類の追加で操作系の改善を図っている。ボディカラーはブラックとホワイトの2色を用意する。

 モデル構成はボディー単体、EF-M18-55IS STMレンズキット、ダブルレンズキット(EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM+EF-M22mm F2 STM)、ダブルズームキット(EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM+EF-M55-200mm F4.5-6.5 IS STM)の4種類。価格はすべてオープンプライスだ。実売予想価格は、ボディが5万6800円前後、18-55レンズキットが7万1800円前後、ダブルレンズキットが8万5800円前後、ダブルズームキットが9万6800円前後。

 なお、2万5000台限定で、EVF付きの買い得なキットが用意されている。通常3万3000円のEVFが、それぞれのキット価格に+3000円で購入可能だ。

EOS M3 ボディカラーはブラックとホワイトの2色

 また、合わせてバッテリーパックLP-E17、バッテリーチャージャーLC-E17、ACアダプタ−キットACK-E17、ネックストラップEM-E2、ネックストラップEM-200DB、ボディジャケットEH-27CJ、EF-M22mm F2 STM シルバーも26日に販売を開始する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.