ニュース
» 2015年03月19日 19時29分 UPDATE

「世界を手に入れろ」:「頼れるすてきな相棒です」――新CM出演の妻夫木聡が語るキヤノン「EOS M3」の魅力

3月26日、発売日と同日に放映が開始されるキヤノン「EOS M3」の新CM。そのCMに起用された妻夫木聡さんがEOS M3の魅力とCM撮影の裏話を語るトークセッションが開催された。

[渡辺まりか,ITmedia]
妻夫木聡

 キヤノンは3月26日、「EOS M3」の発売と同時に、日本のCMでは初となる、オペラ座の屋上で撮影した新CMの放映を開始する。

 そのCMに起用された、キヤノンコミュニケーションパートナーの妻夫木聡さんを招いた「キヤノン ミラーレスカメラ EOS M3 新CM発表会」が3月19日に開催され、妻夫木さんがEOS M3の魅力とCM撮影の裏話を語った。

妻夫木聡 妻夫木聡さんを起用した新CMのワンカット

 EOS M3を手に登壇した妻夫木さんは、完成したCMを見て「カッコよく録れてますね」と一言。そして「パリに行くのは初めてなんですよ」と意外な発言をしてから、「どこもかしこも素敵な街で、撮影とは関係なく写真を撮りまくっていました」とパリについての印象を語った。

妻夫木聡 キヤノン「EOS M3」を手に登壇した妻夫木さん

 撮影のために予定されていた1日目が雨だったため、思わぬ自由時間になり、EOS M3片手に街を散策。その際撮影した写真の何点かも披露された。

妻夫木聡さんの作品妻夫木聡さんの作品 パリ1日目にプライベートで撮影した街並み(写真=左)とマーケットに陳列されていたキャンディ(写真=右)。何気なく撮った写真もアートへと変わる

 新しいカメラを手渡されて数日、とのことだったが「EOS M3は説明書を見なくても直感的に操作できる。単に『絞り優先』に設定しただけでもこれだけきれいな写真が撮れるのがうれしかったですね」とその魅力を語った。

妻夫木聡さんの作品 「絞り優先に合わせただけ」という写真

 電子ビューファインダーがオプションで付けられるのがうれしいと話す一方、最もお気に入りなのはEOS M3に搭載されている「クリエイティブアシスト」機能だという。「ファインダーをのぞきながらでもダイヤル1つで簡単に操作でき、できあがりの画像がどう変化するかを確認しながら撮影できるんです。夢中で何枚も何枚も撮ってしまいました」という妻夫木さんは、ステージ上であることを忘れてしまったかのように、説明にも夢中だった。

妻夫木聡 クリエイティブアシストの説明に夢中な妻夫木さん

 「ピントが合ってからシャッターが切れるまでの時間がものすごく短くなりましたよね。だから、『あ、これいい』と思った瞬間をすぐに切り取れる」と以前の機種と比較。そのおかげで撮影に成功した写真も披露された。

妻夫木聡 「歩いている瞬間を撮りたいのに、まさか『準備ができていないから止まってください』とは言えませんからね」と、新しいEOS M3がシャッターチャンスを逃さない機種であることを力説していた

 撮影日はとても寒い日だったとのことで、「スタッフはダウンとか着ているんですよ。でもぼくは風にたなびくように、薄手のトレンチコートだけだったんです。もう、風通しが良くって……」と苦労した話も。また、今回のロケ地に選ばれたのがオペラ座の屋上ということで「高いところは大丈夫したか?」との司会者からの質問に、「あまり得意ではない」と回答。「でも、撮影中は忘れちゃうんですよね。怖いとか寒いとか」とプロらしい発言も。

 最後に、EOS M3をオススメしたいか? という質問に対しては「今回、ぼく自身が持ち歩いて撮影してみて分かったことなんですが、持ち運びしやすさ、使いやすさ、機能やクオリティの高さなどにおいてバランスが取れていて、どこにでも持ち歩きたい頼りがいのあるすてきな相棒だな、と感じました。なので、ぜひ皆さんも気に入っていただけたら、『世界を手に入れろ』とまでは言いませんが、このカメラを通じて世界に触れていただけたらうれしいな、と思います」と話した。

妻夫木聡

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.