レビュー
» 2015年03月24日 10時00分 UPDATE

動画で360度チェック:マイクロフォーサーズ仕様のレンズだけデジカメ「OLYMPUS AIR A01」を試す

ソニーに続き、“レンズだけ”デジカメの「OLYMPUS AIR A01」が発売される。そのユニークなボディを見ていこう。

[田中宏昌,ITmedia]

 オリンパスイメージングが、マイクロフォーサーズのマウントとセンサーを搭載したカメラモジュール「OLYMPUS AIR A01」を3月25日に発売する。好みのレンズを装着して撮影するほか、iOSやAndroidを搭載したスマートフォンやタブレットをWi-Fi接続して操作可能だ。

 ボディは非常にコンパクトで、まさにフリーアングルで自由な撮影が行えるカメラと言える。販売はオリンパスのオンラインショップでのみで、価格はボディ単体が3万3800円、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZをセットにした14-42mm EZレンズキットが4万9800円(いずれも税別)となっている。

 ソニーのEマウントに準拠した“マウントだけデジカメ”「ILCE-QX1」に続く製品だが、SDK(ソフトウェア開発キット)や外観の3Dデータが無償公開されており、クリエイターがアプリケーションや専用のアクセサリーを作れるのがポイントだ。すでにオリンパスとロフトワークが「OPC Hack & Make Project」を展開しており、今後の発展が気になる製品と言えるだろう。

ht_oa01.jpg ボディカラーはブラックとホワイトが用意される
ht_oa02.jpg 機能に応じた、さまざまなアプリが用意される

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.