ニュース
» 2015年05月11日 15時51分 UPDATE

「FUJIFILM X-T1」に新AFシステムや操作性の向上をもたらすファームウェア、Ver.4.00を提供

富士フイルムが、「FUJIFILM X-T1」「FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition」向けに、AF機能の強化や操作性の向上をもたらす新ファームウェアを提供すると発表した。

[園部修,ITmedia]

 富士フイルムは5月11日、プレミアムミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T1」および「FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition」の性能を向上させる新ファームウェア、「Ver.4.00」を6月下旬から提供すると発表した。当該機種のファームウエアをVer.4.00に更新することで、「新AFシステム」が利用可能になるほか、改良された新しい操作が利用可能になる。

FUJIFILM X-T1 新ファームウェアでは、FUJIFILM X-T1のAFシステムが一新される

 特に大きな変更が、これまで弱いと指摘されていた動体撮影性能の向上だ。これまでの、全49点のAFエリアから任意に選んだ1点でAFを行う「シングルポイント」に加えて、全77点のAFエリアの任意の位置に3×3、5×3、5×5の「ゾーン」が設定可能になる。コンティニュアスAFと組み合わせることで、ゾーンエリアの中央で捉えた被写体を追従し続けることも可能だ。画面中央の3×3、もしくは5×3のゾーンを設定した際は、像面位相差AFも利用できる。

 また、シングルAF(AF-S)使用時に、カメラが自動で被写体を判別し、全77点のAFエリアの中でピントが合ったエリアを表示する「ワイド」や、コンティニュアスAF(AF-C)使用時に、任意に選択した1点のフォーカスエリアで捉えた被写体を、77点の全エリアで追従し続ける「トラッキング」モードも用意される。

 AF精度も向上しており、シングルポイントモード時に、フォーカスエリア内をさらに分割し、より高精度なピント合わせが可能になっている。像面位相差AF利用時の明るさ追従範囲も、2.5EVから0.5EVまで拡大し、より暗いシーンやコントラストの低い被写体でも位相差AFによるピント合わせができる。

 人間の瞳を自動で検出し、ピントを合わせる「瞳AF」も備えた。右目優先、左目優先も選択可能だ。また、被写体との距離に応じて自動でマクロモードに切り替わる「オートマクロ」に対応した。これまでは、近接撮影時に「マクロボタン」を押す必要があったが、その必要がなくなった。なおマクロボタンには、新たに任意のファンクション機能を割り当てられる。

 AF周りの機能向上のほか、シャッタースピードダイヤルのタイム撮影(T)時に、コマンドダイヤルで30秒〜1/32000秒(シャッター方式「メカニカル+電子」設定時)までの設定が可能になる。これまでは30秒から2秒までしか設定できなかったが、これにより縦位置バッテリーグリップ「VG-XT1」装着時などにも、カメラをホールドしたままシャッタースピードの変更ができるようになる。またマニュアル露出かつISO感度オート時に、露出補正ダイヤルによる露出補正が可能になるほか、フレーミングガイドの線を細くする、「マナーモード」の名称を「電子音&フラッシュOFF」に変更する、といった改善が行われる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.