ニュース
» 2015年05月11日 16時29分 UPDATE

“基本の50ミリ”が25年ぶりにリニューアル 「EF50mm F1.8 STM」5月下旬発売

キヤノンの標準単焦点レンズ、「EF50mm F1.8 II」が25年ぶりにリニューアルされ、「EF50mm F1.8 STM」として発売される。

[園部修,ITmedia]

 キヤノンが5月11日、単焦点EFレンズ「EF50mm F1.8 STM」を5月下旬に発売すると発表した。1990年12月に発売した「EF50mm F1.8 II」の後継モデルで、約25年ぶりのリニューアルとなる。価格は1万9500円(税別)。

EF50mm F1.8 STM EF50mm F1.8 STM

 EF50mm F1.8 IIは、現在も全世界で月産7万本以上を誇るロングセラーの標準単焦点レンズ。EF50mm F1.8 STMでは、基本的な光学設計を継承しつつ、デジタルカメラ向けに最適なコーティングを採用したほか、絞りを5枚羽根から円形絞りの7枚羽根に変更し、背景のボケが円形に写るようになっている。開放絞り値がF1.8と明るく、APS-CサイズのCMOSセンサーを搭載したEOSシリーズに装着した場合には、35ミリ判換算で約80ミリ相当となり、ポートレート撮影用のレンズとしても使える。

 モーターは、ギアタイプのステッピングモーター(STM)になり、AF動作はより静かになっている。AF合焦後、AFモードのままマニュアルフォーカスでピントの調整が可能なフルタイムマニュアルフォーカスも利用できる。

 最短撮影距離は35センチ、最大撮影倍率は0.21倍で、光学設計は変わっていないものの、EF50mm F1.8 IIより被写体に寄って撮影ができる。合わせて外観デザインもより高級感があるものに変更された。外装には梨地塗装を施し、鏡筒の外周部分にはブラックリングを採用。マウント部も金属製になっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.