ニュース
» 2015年05月20日 12時18分 UPDATE

カシオ、「EXILIM EX-FR10」の機能を強化するファームウェアVer.2.00を公開

新ファームウェアでは、インターバル撮影の間隔を今までより短く設定できたり、タイムラプス撮影ができるようになったりと、機能が強化される。

[園部修,ITmedia]

 カシオ計算機が5月20日、カメラ部とコントローラー部が分離し、自由なスタイルで撮影できるデジタルカメラ「EXILIM EX-FR10」に機能を追加する新ファームウェア、Ver.2.00を公開した。

EXILIM EX-FR10 カメラとコントローラーが分離するのが特徴のEXILIM「EX-FR10」

 新しいファームウェアを導入すると、インターバル撮影時の撮影間隔に5秒、30秒、1分が選べるようになるほか、インターバル撮影中でもモニターを確認しながら静止画や動画の撮影もできるようになる。また、インターバル撮影時に、画像サイズを抑え、速い動きでも歪みにくい撮影が可能なスポーツモードを用意した。

 動画撮影時の手ブレ補正機能を強化したほか、ダイナミックレンジの改善により、白飛びや黒つぶれが減る、顔検出時のフォーカス精度を向上させ、より被写体をキャッチしやすくなるなどの改良も施されている。

 撮影した静止画を使って時短ムービーを作成するタイムラプス機能が用意されたのも注目だ。サイドや輝度の調整をしたことで、液晶モニターの画質もアップする。

 さらに、コントローラー部のアイコン操作だけでスマートフォンやタブレットとWi-Fiで接続できるようになった点もうれしい改良だ。そのほか、再生モードでの連続画像削除、ハイライトスコアの連続アップ/ダウン、コントローラー部がスリープモードになるまでの時間設定なども可能になる。

EXILIM EX-FR10 カラーはオレンジ、グリーン、ホワイト
EXILIM EX-FR10 限定モデルとしてQV-10のカラーリングをモチーフにした限定モデルも5月22日から販売される

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.