レビュー
» 2015年05月28日 13時00分 UPDATE

交換レンズ百景:気軽に携行して手持ちで撮れる超望遠ズーム――シグマ「150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary」

エンジニアリングプラスチックを使用し、Sportsモデルの150-600mmから大幅な軽量化を果たしたシグマの「150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary」は、手持ちで振り回せる超望遠ズームだ。

[三井公一,ITmedia]

 シグマが放った150-600mmズームレンズ。これはご存じの通り2つのモデルがラインアップされている。タフな環境での使用を前提とした「Sports」モデルと、一般的な撮影を想定した「Contemporary」モデルだ。今回は身近な「Contemporary」モデルを、手持ちでブラブラと撮影インプレッションしてみた。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary

 すでにおなじみとなったシグマの新しい製品ラインに則り、上質でシンプルなレンズ外観となっている。兄弟モデルの「Sports」と比較すると、さまざまな点での差違が見られるのだ。全長やレンズ構成はもちろん、外装や仕上げも独自なものとなっている。特に重量が大きく異なり、Sportsモデルは鏡筒に金属を用いているため2860グラムとなっているが、エンジニアリングプラスチックを使用したこのレンズは1830グラムと劇的に軽量化されている。この差はとてもデカい。一日中振り回しても疲労感が少ないのがとても嬉しい。またSportsラインのみに設定されていたカスタムモードスイッチの採用など「下克上」とも思える仕様は驚きである。

 インプレッション中、マンフロットのカメラバックパックや、シンクタンクフォトのカメラショルダーバッグに入れて毎日携行したが、個人的にこの重さなら(他の機材次第だが)頻繁に持ち出しても苦にならない、と感じた。カメラはキヤノン「EOS 5D Mark lll」を使用したが、バランスもほどよく、よく効く手ブレ補正機能のおかげで気軽に超望遠ズームの世界を楽しむことができた。プラスチック製のフードや、脱着式の三脚座など、気軽に使える超望遠ズームレンズとしての配慮が心憎い。

 画質はとてもいい。より贅沢なレンズ構成の兄弟モデル「Sports」と較べても遜色ない写りだ。防塵防滴性能が不要ならば、自分でもこちらをチョイスすると思うほどである。開放からシグマらしいシャープな写りで、柔らかいボケ味とヌケ感も味わえる。オートフォーカスも素早く正確だし、気軽に携行できる超望遠ズームレンズとなっている。より長い焦点距離で、人と違う写真が撮りたい人にオススメだ。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary シャッタースピード優先オート(F6.3、1/6400秒)、ISO2000、WBオート、−2EV、600ミリ

 着陸直前の飛行機を600ミリで。このレンズは機体のリベットやペイントはもとより、操縦するパイロットの表情すら写しとってくれた。新アルゴリズム「Intelligent OS」はもっと暗い条件でも劇的な手ブレ補正が望める。特にモード2は流し撮りに有効だ。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary マニュアル(F6.3、1/400秒)、ISO100、WBオート、546ミリ

 気軽に持ち歩けるサイズと重量がとてもいい。いつもと違った画角と距離感で見慣れた風景も思い切って切り取れるからだ。絞り開放から安定感のある写りが得られた。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary 絞り優先オート(F6.3、1/125秒)、ISO100、WBオート、−0.6EV、150ミリ
SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary 絞り優先オート(F6.3、1/250秒)、ISO100、WBオート、−0.6EV、600ミリ

 150ミリと600ミリの画角の差はこんな感じだ。オープンスペースで歩いていて「あ。アレいいな!」と思ったピンポイントな部分を、ズバッと切り取れるズームレンジである。これを軽々と携行できるのは大きな武器だろう。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary シャッタースピード優先オート(F6.3、1/400秒)、ISO100、WBオート、232ミリ

 夕暮れの土手で靴を脱いでくつろぐ男性。手前に草むら、奥に小田急線をぼかして入れてみたが、どちらもキレイなボケとなった。日常的なレンジでも違和感なく使える印象だ。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary 絞り優先オート(F8、1/250秒)、ISO100、WBオート、150ミリ

 ワイド端でも歪みはほとんど見られず、橋脚もきれいに真っ直ぐに写しとられている。周辺光量の低下もわずかだ。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary 絞り優先オート(F5.6、1/320秒)、ISO125、WB晴天、−0.6EV、302ミリ

 堤防でのんびりしているネコを約300ミリで。スムーズなズーミングは思った通りの画角でストレスなく撮影できる。Sportsモデルは直進ズーム的な使い方ができるが、このレンズはズームリングを使って撮って欲しいとのことだ。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary 絞り優先オート(F6.3、1/800秒)、ISO100、WB晴天、−0.6EV、600ミリ

 小型軽量で高画質なので、スポーツや風景だけでなくさまざまなジャンルの撮影でこのレンズは活躍できそうだ。シグマはマウント交換サービスを行っているので、将来的にカメラボディのブランドを変更した際も安心だ。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary マニュアル(F6.3、1/200秒)、ISO1600、WBオート、600ミリ

 都市公園の池でカモを600ミリで狙う。絞り開放ながら羽毛の描写がとてもいい。お見事! 実にシグマらしいシャープな写りである。またしても欲しいレンズができてしまったようだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.