ハウツー
» 2015年06月09日 21時00分 UPDATE

撮影テクニックを基本から:明るさで印象を変える――幻想的な世界、ハイキー写真の撮影術

露出をプラス補正することで、適正露出よりも明るくハイキーで優しい雰囲気や幻想的な世界が広がる写真を撮影することができます。今回は「ハイキーな写真ってどこで・どうしたら撮れるの?」を解説していきます。

[MAKOTO TSURUTA,ITmedia]

ハイキーな写真は逆光や半逆光がオススメ!

 日中の森林や、ぽかぽか暖かい縁側など、普段過ごしていて気持ちよい光を感じる場所ってありませんか? そんな柔らかい光が差し込む、気持ちのよい場所がハイキー写真の撮影ポイントになります。

ハイキー写真 逆光や半逆光のシーンがハイキー写真を撮る絶好のポイントになります
ハイキー写真 朱色が鮮やかな鳥居も普段は厳かな雰囲気ですが、ハイキー写真でまったく違うイメージに

 露出補正を+1EV前後(場合によってはそれ以上)にして、光を逆光とハイキーで捉えることで、同じ緑でもやさしい色のグラデーションを作り出すことができ、見ていて心地のいい、やさしい色を写し出すことができるのです。緑一色の世界もいいのですが、もう1色プラスすると差し色が効いて、さらに優しい雰囲気の写真に仕上がります。

ハイキー写真 こちらは前ボケで緑を入れ、鮮やかなピンクの花を写したものです

感じるままに“色”を撮影しよう

 さまざまな色をテーマに撮影することでパステル調やライトトーンなど、心暖まる写真が撮影できます。「この色いいな!」っと思ったら、通常の撮影のワンアクセントとしてハイキー写真を活用してみると、色で感性に伝わる写真が撮影できるかもしれません。機会があればぜひ試してみてください。

ハイキー写真 色鮮やかな花も半逆光でやさしいパステル調に早変わり。色味を忠実に再現するだけではないのが写真の面白いところです

撮影者プロフィール

photo

MAKOTO TSURUTA(つるた まこと)

元『週刊ゴング』カメラマン。スポーツで写真を学び、その後メーカー担当として首都圏量販店に常勤し、一眼レフカメラの販売を担当。現在Webプロモーションを得意とする活動の傍ら、写真をさらに楽しむコンテンツサイト「PHOTOWORK」http://photowork.jp/を運営中。個人サイトはhttp://one-cut.net/


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.