ニュース
» 2015年06月26日 10時00分 UPDATE

高解像度、高感度、高速処理に手ブレ補正――α7シリーズ最上位モデル「α7R II」

有効約4240万画素の35ミリフルサイズ裏面照射型CMOSと最高ISO102400を実現する高感度、そして従来より大幅に処理を高速化したα7シリーズの最上位モデル「α7R II」の国内発売が決定。

[園部修,ITmedia]

 一足先に海外で発表されていた、35ミリフルサイズCMOSを搭載したレンズ交換式ミラーレスカメラ「α7R II」が日本でも正式に発表された。8月7日発売予定で、実売予想価格は45万円前後(税別)。

α7R II α7R II

 α7シリーズには、「α7」を筆頭に、5軸手ブレ補正機構を備えた「α7 II」、高解像度モデル「α7R」、高感度モデル「α7s」と、それぞれに特徴があった。α7R IIでは、これらの機種の特徴を大幅に進化させて継承しているのが特徴だ。

 撮像素子はローパスフィルターレスの裏面照射型Exmor R CMOSで、35ミリフルサイズで4240万画素を実現。解像度が上がるとちょっとした振動や動きがブレにつながりやすくなるが、振動を抑制したシャッターユニットを搭載するほか、電子先幕シャッターも利用可能だ。ミラーレスカメラなのでミラーショックがないのもポイントと言える。

 またISO感度は最高102400と高感度も両立させた。さらにデータの読み出し速度は従来比で3.5倍を実現。AFも399点像面位相差センサーを利用シットファスト青ブリッドAFで高速かつ高い追従性を備えている。

 α7 IIから搭載されている5軸手ブレ補正機構をボディに内蔵しており、レンズを問わず手ブレ補正が利用可能。CIPA基準で4.5段分の補正効果を実現している。画像処理エンジンはBIONZ X。EVF(電子ビューファインダー)はXGAサイズの有機ELで、ファインダー倍率は0.78倍を実現している。液晶モニターは3型TFTで、122万ピクセルと精細。

 フルHDでの動画撮影に加え、全画素読み出しの4Kサイズ映像も撮影可能だ。100MbpsのXAVC S(4K)記録もサポートする。対応メモリーカードはMemory Stick PRO Duo、PRO-HG Duo、Micro(M2)、SD、SDHC(UHS-I)、SDXC、microSD、microSDHC、microSDXCをサポートする。Wi-FiやNFCにも対応しており、外形寸法は幅126.9×高さ95.7×奥行き60.3ミリ。Memory Stick PRO DUOとバッテリーを含む重量は約625グラム。

α7R II
α7R II
α7R II
α7R II
α7R II

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.