ニュース
» 2015年07月02日 18時19分 UPDATE

DXフォーマット用の5倍ズーム「AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR」を発売

ニコンが、広角端で開放F値2.8を実現した明るいDXフォーマット対応レンズを7月16日から販売する。

[園部修,ITmedia]

 ニコンが7月2日、ニコンDXフォーマットに対応した標準ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR」を発表した。7月16日に発売予定で、希望小売価格は12万5000円(税別)。

AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR

 焦点距離16〜80ミリ(35ミリ判換算で24〜120ミリ相当)をカバーする5倍ズームレンズで、広角端では開放F値2.8を実現しているのが特徴だ。13群17枚で構成されるレンズは、最大径約80ミリ、マウント基準面からレンズ先端までは、収納時で85.5ミリとなっている。重さは約480グラム。手ブレ補正効果は、CIPA規格で4段分。

 ニコンDXフォーマット対応レンズでは初めてナノクリスタルコートを採用したほか、非球面レンズ、EDレンズを搭載し、ゴーストや色収差を抑えた。高速連続撮影時の安定した露出制御を実現する電磁絞り機構と、撥水・撥油性での高いフッ素コートも、DXフォーマットのレンズとしては初めての採用となる。

AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VRAF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR フードロック解除ボタン付きのバヨネットフード「HB-75」が付属する。レンズ用のポーチはCL-1218が利用可能だ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.