ニュース
» 2015年07月08日 17時54分 UPDATE

キヤノン「EFレンズ」が累計生産本数1億1000万本を達成

キヤノン「EFレンズ」の累計生産本数が2015年6月22日、1億1000万本に達した。

[園部修,ITmedia]

 キヤノンは7月8日、 レンズ交換式カメラEOSシリーズ用の交換レンズ「EFレンズ」の累計生産本数が、1億1000万本に達したことを明らかにした。達成したのは6月22日で、1億1000万本目に生産したレンズは「EF11-24mm F4L USM」だったという。

EF Lens 110 Million
EF Lens 110 Million 1億1000万本目のレンズは「EF11-24mm F4L USM」

 EFレンズの生産は、銀塩方式の一眼レフカメラ向けに、1987年から宇都宮工場で始まった。現在は宇都宮に加えて台湾キヤノン、 キヤノンオプトマレーシア、 大分キヤノンの4拠点で生産している。1995年に1000万本、2009年に5000万本、2014年に1億本を達成した。

 EFレンズは、映像制作用の「EFシネマレンズ」を含めて、合計97種類のラインアップをそろえている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう