ニュース
» 2015年07月22日 13時12分 UPDATE

約4240万画素フルサイズセンサー搭載の「α7R II」先行展示

ソニーが7月25日から、「α7R II」の先行展示を銀座のソニーショールーム、栄のソニーストア名古屋、梅田のソニーストア大阪で行う。

[園部修,ITmedia]

 ソニーが7月25日から、ソニーショールーム(銀座)、ソニーストア 名古屋(栄)、ソニーストア 大阪(梅田)で、8月7日発売予定のミラーレス一眼「α7R II」の先行展示を行う。

α7R II α7R II
α7R II α7R II

 α7R IIは、5軸手ブレ補正機構を備えた「α7 II」と、高解像度モデル「α7R」、高感度モデル「α7s」の特徴を大幅に進化させ、継承した最新の最上位モデル。撮像素子は、世界初となる、ローパスフィルターレスの裏面照射型Exmor R CMOSを採用しており、35ミリフルサイズで4240万画素を実現。またISO感度は最高102400と高感度も両立させた。

 振動を抑制したシャッターユニットを搭載するほか、電子先幕シャッターも利用可能だ。ミラーレスカメラなのでミラーショックは気にする必要がないのもポイント。データの読み出し速度は「α7R」比で約3.5倍を実現。AFも399点像面位相差センサーを利用シットファストハイブリッドAFで高速かつ高い追従性を備える。

 またα7 IIから搭載されている5軸手ブレ補正機構をボディに内蔵しており、レンズを問わず手ブレ補正が利用可能。CIPA基準で4.5段分の補正効果を実現している。画像処理エンジンはBIONZ X。

 先行展示では、この圧倒的なまでのα7R IIの実機に、発売前に触れることができる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.