ニュース
» 2015年08月03日 06時00分 UPDATE

写真展:もりやしんいち 写真展「濤」(なみ)

[山口恵祐,ITmedia]

 さまざまな「写真展」を随時案内していく本コーナー。リコーイメージングスクエア新宿で、2015年8月26日から開催予定の、もりやしんいち 写真展「濤」(なみ)を案内する。

もりやしんいち ©もりやしんいち

平磯太陽観測センターの東側に、水戸第9代藩主・徳川斉昭が水戸八景番外景勝地として碑を建てた「観濤所」なるものがあって、そこから眺める太平洋の濤(なみ)に湧き立つ磯の景色はすばらしい。この磯では中生代白亜紀層の岩礁が、海中に遠くまで突き出しているので<濤(おおなみ)>ができやすいのだ。今は、なみうちぎわ近くに車道が通っているので、<濤>により近づくことができる。

3.11地震では大津波に襲われた。車道は瓦礫でうずまり、民家は水浸しとなり、停電と断水が長期間続いた。そんなことがあって、2013年に「津波警告板」が設置された。サンズイに壽と書いて(トウ)と読み、「大きな音の波」という意味をもつ。

<濤>という字をジーッとみていると、迫りくる<おおなみ>のど迫力に圧倒されている自分を覚える。それとともに、<なみ>が時折見せてくれるすばらしい表情を愛でようではないか、という気持ちも湧いてくる。きっと<壽>という字がもつ「ことほぎ・長生き」などという意味が、私にささやかな希望をみさせてくれるからかもしれない。

  1. 私は、車道わきの高台に、ある時は波打ちぎわに三脚を据えて、早朝・夕刻、台風一過の朝にも<濤>を狙った。岩の間から小山のように湧き起こってくる<水の塊>に対峙していると、おもわず身震いが背筋を走る。

もりやしんいち

写真展の詳細

名称 もりやしんいち 写真展「濤」(なみ)
開催期間 2015年8月26日(水)〜9月7日(月)
開館時間 10時30分〜18時30分(最終日16時終了)
定休日 火曜
入場 無料
会場 リコーイメージングスクエア新宿(ペンタックスフォーラム) ギャラリーI

関連キーワード

リコーイメージング | 写真展 | カメラ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.