ニュース
» 2015年08月04日 14時00分 UPDATE

ニコン、大口径広角単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED」を発売

ニコンから、開放F値1.8の広角単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED」が登場。

[園部修,ITmedia]

 ニコンイメージングジャパンが8月4日、FXフォーマット対応の大口径広角単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED」を発表した。9月17日から販売する。希望小売価格は9万2500円(税別)。

AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED

 AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G EDは、小型・軽量なボディが特徴の広角単焦点レンズ。ナノクリスタルコート、非球面レンズ、EDレンズを採用し、ゴーストや色収差などを抑えている。最短撮影距離は23センチで、被写体に寄った撮影にも対応する。

 開放F値1.8の明るいレンズは、このほかにも「AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED」「AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G」「AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED」「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G(Special Edition)」「AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G」があり、今回発表したAF-S NIKKOR 24mm f/1.8G EDと合わせ、全7本をラインアップする。

主な仕様
焦点距離 24mm
最大絞り f/1.8
レンズ構成 9群12枚(EDレンズ2枚、非球面レンズ2枚、ナノクリスタルコートあり)
画角 84度(DXフォーマット時:61度)
外形寸法 約77.5(最大径)×83.0(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)ミリ
重さ 約355グラム

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.