ニュース
» 2015年08月04日 14時15分 UPDATE

手持ちでも使える軽量な超望遠ズーム「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」発表

「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」は、NIKKORレンズとしては最高クラスの最大4.5段分の手ブレ補正効果を持つVR機構を備えた超望遠ズームレンズだ。

[園部修,ITmedia]

 ニコンイメージングジャパンが8月4日、FXフォーマット対応の交換レンズラインアップに、200ミリから500ミリまでの超望遠域をカバーするズームレンズ「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」を発表した。9月17日の発売を予定している。希望小売価格は17万5000円(税別)。

AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

 AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRは、開放F値5.6の2.5倍超望遠ズームレンズ。NIKKORレンズとしては最高クラスの、最大4.5段分(CIPA規格準拠)の手ブレ補正効果を持つVR機構を備える(NORMALモードの場合)。また動きの激しい被写体を撮影する際に有効な「SPORTS」モードも搭載。電磁絞り機構も備える。

主な仕様
焦点距離 200-500mm
最大絞り f/5.6
レンズ構成 12群19枚(EDレンズ3枚)
画角 12度20分〜5度00分(DXフォーマット時:8度〜3度10分)
外形寸法 約108(最大径)×267.5(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)ミリ
重さ 約2300グラム(三脚座を含む)、約2090グラム(三脚座なし)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.