ニュース
» 2015年10月13日 14時15分 UPDATE

キヤノン、外観のカスタマイズが可能な新ミラーレス「EOS M10」発表

キヤノンのミラーレス一眼のエントリーモデルがモデルチェンジ。「EOS M2」の後継となる、小型軽量でスタイリッシュなモデル「EOS M10」を新たに投入する。

[園部修,ITmedia]

 キヤノンが10月13日、「EOS M2」の後継となるエントリーユーザー向けのミラーレスカメラ「EOS M10」を発表した。コンパクトに収納できるミラーレスシステム専用新レンズ「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」と合わせて、10月29日から販売を開始する。

 価格はオープンプライス。キヤノンオンラインショップでの販売予定価格は、EOS M10のボディーのみが4万2800円、EOS M10・EF-M15-45 IS STMレンズキットが5万7800円、EOS M10・ダブルレンズキット(EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM+EF-M22mm F2 STM)が7万1800円、EOS M10・ダブルズームキット(EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM+EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM)が8万2800円だ(価格はいずれも税別)。

EOS M10 ブラック EOS M10(ブラック)+EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM(グラファイト)

 EOS M10の特徴は、スマートフォンやコンパクトデジカメからのステップアップを考えている、レンズ交換式カメラは初めて使う、というユーザーをターゲットに、コンパクトなシステムに仕上げた点。上位モデルの「EOS M3」が本格的な一眼レフカメラEOSシリーズと同等の操作性をコンパクトなボディに凝縮したのに対し、EOS M10は軽く小さなボディや自由にカスタマイズできるフェイスジャケットやグリップなどが魅力となっている。

EOS M10 グレー EOS M10(グレー)+EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM(シルバー)

 撮像素子はAPS-Cサイズの有効約1800万画素CMOSセンサーで、EOS M2と画素数は同じ。画像処理エンジンはEOS M2より1世代新しいDIGIC 6になったことで、さらに画質が向上している。ISO12800の高感度撮影や、最高約4.6コマ/秒の連続撮影、マルチショットノイズ低減機能などはEOS M2と同等だが、ハイブリッドCMOS AF IIによる最大49点のコントラストAFやクリエイティブアシストに対応した点、ストロボを内蔵した点などは新たな魅力だ。

 NFCを搭載したことで、対応するスマートフォンとワンタッチで接続可能になったほか、上方に180度チルトする液晶モニターを備え自撮りにも対応するなど、使い勝手はEOS M2から向上。この点は前モデルからの改善ポイントとなっている。液晶モニターはワイド3.0型の約104万ピクセルで、タッチパネルによる操作に対応する。

 キットレンズの「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」は、コンパクトに収納できる沈胴構造で、EOS M10との組み合わせでは重さが約431グラムと、従来の標準ズームレンズ「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」を組み合わせたときより約80グラムも軽い。

 ボディカラーはホワイト、グレー、ブラックの3色。さらに、ボディ前面に取り付けられる別売の7色のフェイスジャケット、2色のグリップを組み合わせて、27通りのスタイルが楽しめる。

EOS M10 ホワイト EOS M10(ホワイト)にフェイスジャケットやグリップを装着したイメージ

 バッテリーパックはLP-E12で、CIPA基準の撮影可能枚数は約255枚。外形寸法は約108.0(幅)×66.6(高さ)×35.0(奥行)ミリ、重さは約301グラム(バッテリーパックとSDメモリーカードを含む)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.