ニュース
» 2015年10月13日 15時02分 UPDATE

シリーズ初のEVF内蔵モデル「PowerShot G5 X」発売

キヤノンが“PowerShot G”シリーズとしては、はじめてEVFを内蔵した新モデル「PowerShot G5 X」を10月22日に発売する。

[板東太郎,ITmedia]

 キヤノンが10月13日、プレミアムコンパクトカメラの“PowerShot G”シリーズとしては、はじめてEVF(電子ビューファインダー)を内蔵した新モデル「PowerShot G5 X」を発表した。10月22日発売で、価格はオープンプライス。キヤノンオンラインショップでの販売予定価格は9万1800円(税別)。

PowerShot G5 X PowerShot G5 X

 PowerShot G5 Xは、1型以上の大型センサーを搭載する、高画質がウリの“PowerShot G”シリーズの新モデルで、フラッグシップモデルの「PowerShot G1 X Mark II」、小型・高機能モデルの「PowerShot G7 X」、動画撮影機能も強化した高倍率モデルの「PowerShot G3 X」に続く製品だ。

 最大の特徴は、PowerShot Gシリーズ初の搭載となる0.39型、約236万ピクセルのEVF。有機ELを採用し、従来より広い色域とコントラストの高さを実現。約104万ピクセルの液晶モニターは、さまざまな角度に回転できるバリアングルタイプで、タッチパネルとの連携で、自由度の高い撮影ができる。

 レンズは、広角端24ミリ、望遠端100ミリの光学4.2倍ズーム。開放F値はF1.8〜F2.8と明るく、一眼レフカメラEOSシリーズのEFレンズにも使われるコーティング技術によりクリアな描写が可能。また1型・約2020万画素の大型CMOSセンサーは、1/1.7型センサーより受光面積が約2.7倍も広く、高解像感、低ノイズ、広いダイナミックレンジを実現する。

 他にもカメラが自動で、人物、背景、笑顔、色合いなどの58シーンを被写体にあわせて認識し、設定を調整する「こだわりオート」や、登録した人物に自動でピントをあわせる「個人認証」機能、シーンにあわせてブレ補正を切り替える「マルチシーンIS」などの機能を搭載する。

 外形寸法は幅112.4×高さ76.4×奥行き44.2ミリで、重さはバッテリーやメモリーカードを含んで377グラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.