ニュース
» 2015年10月13日 16時57分 UPDATE

光学3倍ズームと1型CMOS搭載でさらに小さい「PowerShot G9 X」発表

キヤノンが、“PowerShot G”シリーズの新モデルとして、薄型で軽量なボディーが特徴の「PowerShot G9 X」を10月22日に発売する。

[板東太郎,ITmedia]

 キヤノンが10月13日、プレミアムコンパクトカメラの“PowerShot G”シリーズに、薄型軽量ボディーと光学3倍ズームレンズ、大型CMOSセンサーが特徴の新モデル「PowerShot G9 X」を発表した。10月22日に発売する。価格はオープンプライスで、キヤノンオンラインショップでの販売予定価格は5万9800円(税別)。

PowerShot G9 X PowerShot G9 X(ブラックモデル)

 特徴は、外形寸法が幅98.0×高さ57.9×奥行き30.8ミリ、重さがバッテリーやメモリーカードを含んで約209グラムと軽量かつ薄型なボディーでありながら、光学3倍ズームレンズと1型CMOSセンサーを搭載すること。

 レンズは、非球面レンズ3枚を含む6群8枚構成で、35ミリ判換算で28〜84ミリ相当の光学3倍ズーム。開放F値はF2.0〜F4.9。さらに1型・約2020万画素の裏面照射型CMOSセンサーも搭載。暗いシーンでもノイズの少ない高感度な撮影や、色階調の豊かな高画質な撮影が可能だ。画像処理エンジンは「DIGIC 6」で、高感度センサーと組みあわせた「HS SYSTEM」により、最高ISO感度12800の高感度での撮影にも対応する。

PowerShot G9 X PowerShot G9 X(シルバーモデル)

 3型の液晶モニターは、約104万ピクセルの表示が可能で、タッチパネル操作にも対応。ドラッグ&ドロップ操作によるアイコン表示の並べ替えや、スワイプ操作によるメニュー画面の切り替えなどもできる。

 また、動画撮影中に絞りやシャッタースピード、ISO感度を手動で変更可能な「マニュアル動画」モードや、被写体の傾きを抑えた動画撮影が可能な「自動水平補正機能」なども搭載。タッチパネル操作でボケ味を調節したり、被写体の傾きが目立つシーンで水平に安定した撮影をしたりすることが可能だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.