レビュー
» 2015年11月09日 12時30分 UPDATE

交換レンズ百景:スナップ、ポートレート、風景と幅広く使える――富士フイルム「XF35mmF2 R WR」

35ミリ判換算で約53ミリの焦点距離を持ち、オールマイティーに使える「XF35mmF2 R WR」は、軽量コンパクトでフットワークよく撮影できるレンズだ。ポートレートレンズとしても優秀である。

[三井公一,ITmedia]

 美しい写りで定評のある富士フイルム フジノンレンズXFシリーズに新しい35ミリが加わった。この「XF35mmF2 R WR」はコンパクトながらキレのある描写で、防じん防滴耐低温構造を持つ使いやすいレンズであった。

XF35mmF2 R WR XF35mmF2 R WR(ボディは富士フイルム「FUJIFILM X-T10」)

 6群9枚中非球面レンズを2枚配した構造で、コンパクトかつ軽量化を実現。人気の「FUJIFILM X-T10」に装着してもバランスが良く、軽快なフットワークで街中を撮影できた。写りも開放からとても安定していて、常用レンズとしてもお勧めできるレンズに仕上がっている。金属製外装でルックスも端正だし、初めて買う単焦点レンズとしてもいいだろう。絞りリングの節度感もカチカチと確実に動作し、所有欲を満たしてくれることも間違いない。それでいて防じん防滴耐低温構造だというのだからスペック的に申し分ないではないか。フジノンレンズのラインアップには「XF35mmF1.4 R」という明るさを誇るレンズもあるが、軽量コンパクトな新しいこのレンズを一度試してみるのもいいだろう。

XF35mmF2 R WR 絞り優先オート(F5、1/2000秒)、ISO200、ホワイトバランス:オート

 35ミリ判換算約53ミリとなる焦点距離はオールマイティーで使いやすい。スナップからポートレート、風景など幅広く使うことができる。干し柿の微妙な色再現と品のあるボケが魅力的だ。

XF35mmF2 R WR 絞り優先オート(F2、1/1300秒)、ISO200、ホワイトバランス:オート、露出補正:-1EV

 このレンズの最短撮影距離は35センチ。ググッと被写体に寄って絞りを開けてやれば、スムーズで連続感のあるボケを楽しむことが可能だ。

XF35mmF2 R WR フルオート(F14、1/350秒)、ISO400、ホワイトバランス:オート、露出補正:-0.33EV

 コンパクトで軽いので常用レンズとしてもお勧めである。X-T10をフルオートモードにして街をブラブラと歩き、気になったものを軽快にスナップしてみよう。オートフォーカスも高速なので、狙ったシーンを撮影することができるだろう。

XF35mmF2 R WR 絞り優先オート(F2、1/640秒)、ISO200、ホワイトバランス:オート、露出補正:-1EV

 ポートレートレンズとしても優秀だ。見た目に近い写りなので、自然な描写で人物を表現することができる。モデルに威圧感を与えないデザインも自然な表情を撮るのにいいかもしれない。

XF35mmF2 R WR 絞り優先オート(F2、1/240秒)、ISO200、ホワイトバランス:オート、露出補正:+1.33EV

 富士フイルムのカメラとレンズは女性の撮影に定評があるが、X-T10とこのレンズの組み合わせも素晴らしかった。モデルの肌の質感、髪の毛の精細感、そして上質なボケと色あいがなかなかだ。

XF35mmF2 R WR 絞り優先オート(F7.1、1/350秒)、ISO200、ホワイトバランス:オート

 進化したオートフォーカス性能を持つX-T1やX-T10とこのレンズを組み合わせれば、動いているモデルを撮るのも楽チンだ。表情をEVF越しに確認しながらテンポ良くシャッターが切れるのがうれしい。絞って被写界深度も利用するといい。

XF35mmF2 R WR 絞り優先オート(F2、1/210秒)、ISO200、ホワイトバランス:オート、露出補正:+1.33EV

 絞り開放でモデルの瞳を狙う。キレと柔らかさが同居するこのレンズはとても魅力的だ。

 明るく軽量コンパクトで、なおかつ開放から安定した描写のこのレンズは、全てのXマウントユーザーに試してもらいたい1本に仕上がっていると思う。

(モデル:沖本光希 オスカープロモーション)

※編注:本記事では一般的な撮影状態での利用を念頭に置いているため、人物撮影にレフ版などは利用していません

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.