ニュース
» 2016年01月25日 06時00分 UPDATE

写真展:土門拳に捧ぐ−三好和義写真展「室生寺十二神将」

[板東太郎,ITmedia]

 さまざまな「写真展」を随時案内していく本コーナー。ノエビア銀座ギャラリーで、2016年1月12日から開催している『土門拳に捧ぐ−三好和義写真展「室生寺十二神将」』を案内する。

土門拳に捧ぐ−三好和義写真展「室生寺十二神将」 ©三好和義

タヒチ、モルディブなど南の島々や、屋久島など日本の世界遺産を写した作品で知られる三好和義は、中学生の頃から土門拳にあこがれ、写真家を志したといいます。その三好が、土門が愛した室生寺の撮影に挑みました。奈良県北東部、室生山の山懐にある室生寺。本展では、室生寺をテーマとした三好の作品の中から、薬師如来を守護する12体の武神「十二神将」を中心に展示いたします。

写真展の詳細

名称 土門拳に捧ぐ−三好和義写真展「室生寺十二神将」
開催期間 2016年1月12日(火)〜3月25日(金)
開催時間 10時〜18時(土・日・祝は17時終了)
定休日 無休
入場 無料
会場 ノエビア銀座ギャラリー(ノエビア銀座本社ビル1F)

関連キーワード

写真 | 写真展 | 銀座 | 休日 | カメラ | 無料


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.