ニュース
» 2016年02月04日 06時00分 UPDATE

写真展:内藤由樹 作品展「それらはばらばらに現れなおしつづけている」

[板東太郎,ITmedia]

 さまざまな「写真展」を随時案内していく本コーナー。ソニーイメージングギャラリー 銀座で、2016年2月5日から開催予定の内藤由樹 作品展「それらはばらばらに現れなおしつづけている」を案内する。

内藤由樹 作品展「それらはばらばらに現れなおしつづけている」 内藤由樹

 内藤由樹氏は、国内外で注目されている写真家でありながら、ペルーのリマに留学し「centro de la imagen」というアートスクールでマスタークラスを受講しながら様々な写真表現を追求している。
 海外に行く前は、日本でドキュメンタリーを中心に作家活動をしていた経験があり、写真集も出している内藤氏だが、この作品展では既存の写真表現にとらわれない、独自の視点から発想をベースに、来場者と“記憶”を共有するというコンセプトで構成されている。
 前述したように、この作品展は“記憶”がキーワードとなっている。海外で旅をしながら作品撮りを続けていた内藤氏は、タイとメキシコで撮影した犬の写真が、とても似ていることに気づく。違うモチーフでもほかの作品を見直すと、同様に共通点を持つ写真、言い換えるならば、撮影時に受けたインパクトや感動といった“情報”がなくても、見たときに一見して同じ印象を与えるように見える写真が繰り返し撮影されていたのである。
 つまり「この場所で、この瞬間でなければ撮れない」と思っていたものが実はそうではなく、どこにでもそうした瞬間はあるうるのだという思いに行きあたったのである。
 つまり、ここで撮影した風景や光景は、その場所だけで感じることができる特有のものではなく、世界各地のどこにでも存在し得るのではないのか? それらはバラバラの場所で別の主体によって“記憶”として共有されているのではないのか? と。
 ご自身の体験からそういう確認に近い仮定をした上で次のように話してくれた。
 「“今、ここで自分が”眼前に屹立する富士山を美しいと感じた瞬間、同時に“世界のどこかで誰かが”まったく別の“山”を見て同じように感動していたとしても不思議ではありません。そして、それは時空を超えた過去においても同様に“イメージの繰り返し”は起こっており、それらは“記憶”の中に残ります。だから、まったく別の山の写真を目にしたとき、人々はそれぞれの記憶の内にある、それぞれの“山”を思い出す。写真一枚のイメージが人に与える幅広いイマジネーションにおいて、「他者の記憶と繋がることができるのではないか、という可能性に非常に興味があるのです。」

 この作品展には、作家である内藤氏の“記憶”と来場者との“記憶”が作品を見ることで共有できるような工夫がなされており、プロジェクションとプリント(壁面を使ったインスタレーション)の二つの要素から構成されている。ぜひ、作品展に来ていただき、内藤由樹氏と来場者の来場された方との時空を超えた“記憶”の繋がりを体験していただきたいと思う。

写真展の詳細

名称 内藤由樹 作品展「それらはばらばらに現れなおしつづけている」
開催期間 2016年2月5日(金)〜2月23日(火)
開館時間 11時00分〜19時00分(最終日15時終了)
定休日 無休、2月15日(月)は休館
入場 無料
会場 ソニーイメージングギャラリー 銀座(ソニービル6階) ギャラリー2

関連キーワード

写真 | 写真展 | 東京 | 休日 | 無料 | ソニー | 銀座


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.