ニュース
» 2016年02月16日 19時15分 UPDATE

中古デジタルカメラ販売ランキング(2月4日〜2月10日):ソニー「NEX-6」が中古ランキングで急上昇 1位はキヤノン「EOS 7D」

マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。好調のキヤノン勢がトップ10のうち6機種を占める結果となった。1位は連続トップ10入りを1年以上続けるキヤノン「EOS 7D」。

[板東太郎,ITmedia]

 マップカメラでの販売実績を元にお届けする中古デジタルカメラの販売ランキング。今週はキヤノン勢がさらに調子を上げて、10機種のうち6機種を占める結果となった。2015年は一つのメーカーで6機種以上がトップ10入りしたことは一度もないが、2016年に入ってからは既に3回。いずれもキヤノンが記録している。

 1位は、連続トップ10入りを1年以上続けているキヤノン「EOS 7D」。有効1800万画素のセンサー(APS-Cサイズ)を搭載したデジタル一眼レフで、2009年10月発売。古い機種だが今でも入手性が良く、価格も手頃であることから安定した人気がある。マップカメラでの価格は、中古の美品が6万900円〜6万3900円(税込、2月15日現在)。

 続く、2位のキヤノン「EOS 5D Mark III」、3位のニコン「D810」は、いずれもフルサイズ一眼レフ。中古で20万円を超える価格でもフルサイズ機の人気は高い。

EOS 7D キヤノン「EOS 7D」

 以降で目を引くのは、8位のソニー「NEX-6」。αシリーズの系統に属するデジタル一眼で、2012年11月発売。2015年には1度もトップ10入りしたことがないが、ここにきて急上昇。マップカメラでの中古の並品が2万5800円(税込、2月15日現在)という安さが人気の理由か。

 その他では、2015年末から人気が上昇傾向にあったコンパクトデジタルカメラからのランクインがなかったことも気になるところだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.