ニュース
» 2016年02月18日 10時00分 UPDATE

PENTAX初のフルサイズセンサー搭載デジタル一眼レフ「PENTAX K-1」発表

リコーイメージングが、PENTAX初のフルサイズデジタル一眼「PENTAX K-1」を発表。5軸手ブレ補正機構、上下左右に向きを変えられるフレキシブルチルト式液晶などを搭載する。

[板東太郎,ITmedia]

 リコーイメージングが2月18日、Kマウントで初めてフルサイズのCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-1」を発表した。4月下旬に発売予定だ。PENTAX K-1 ボディキットとしての販売で、価格はオープンプライス。実売想定価格は27万円台後半(税込)。レンズキットは用意しない。

PENTAX K-1 PENTAX K-1

 PENTAX K-1は、35ミリフルサイズの新型CMOSセンサーと、同社で最高となる5段の手ブレ補正機構を搭載したKシリーズの最上位モデル。ローパスフィルターレス仕様で、有効約3640万画素のセンサーと、14ビットのRAW記録に対応した新型画像処理エンジン「PRIME V」により高精細の撮影を実現。ISO感度は最高204800の超高感度撮影に対応する。

 動画撮影機能は、H.264の記録方式による1920×1080ドット(60i/30p)のフルHD撮影や、4Kサイズ(3820×2160ドット)のインターバル動画などの撮影に対応し、新たに風切り音の低減機能も搭載された。連射撮影機能は最高で約4.4コマ/秒で連続17コマ(JPEG:L・★★★時は最大70コマ)の撮影が可能だ。

 手ブレ補正機構は、5軸補正に対応した同社の新型ユニット「SR II」を内蔵し、従来機種で見られた角度ブレ、マクロ撮影で生じやすいシフトブレ、レンズ内蔵タイプでは補正の難しい回転ブレに対応する。さらに流し撮り撮影時には、カメラが一定方向への振りを検知してSR IIユニットの制御を行い、切り替え操作なしで最適な撮影を行う。レンズは、K、KA、KAF、KAF2、KAF3のPENTAXマウントレンズが全て装着できるが、レンズによっては一部機能が使用できない。

PENTAX K-1 PENTAX K-1の背面
PENTAX K-1 PENTAX K-1の側面
PENTAX K-1 PENTAX K-1の上部

 また、センサーを少しずつ動かして4枚の写真を撮影し、画素ごとにRGB各色の情報を取得して合成することで、ディテールや色を精密に再現する超解像技術「リアル・レゾリューション・システム」、被写体や撮影条件に合わせたモアレの軽減効果が得られる「ローパスセレクター」、自在に動かせるイメージセンサーを利用した「自動水平補正」「構図微調整」、内蔵GPSと連動して簡易天体撮影が可能な「アストロレーサー」など、2015年4月発売の「PENTAX K-3 II」と同様の機能も備える。

 光学ファインダーは、フルサイズデジタル一眼用に設計された新型で、視野率は約100%、倍率は約0.7倍。マニュアルでのピント合わせがしやすい「ナチュラルブライトマットIII」フォーカシングスクリーンによりボケ味の再現性に優れるだけでなく、透過型ファインダー内表示により、画面上にさまざまな撮影情報を表示することもできる。

PENTAX K-1 ファインダーのイメージ

 背面の液晶モニターは3.2型で画素数は約103.7万ドット。上下に約44度、左右に約35度まで可動するフレキシブルチルト方式を採用し、レンズの光軸からずらさずに向きを変えることが可能。さらに台座部分からモニターを引き上げることで、真上からモニターをのぞく形でのウエストレベル撮影も行える。

 AFセンサーは、33点の測距点を備えた新システム「SAFOX 12」。中央とその上下の3点はF2.8の光束に対応し、「大口径レンズ使用時のシビアなピント合わせに効果を発揮する」(同社)という。また、露出補正をリアルタイムで最適化するペンタックス リアルタイムシーン解析システムは、人工知能アルゴリズムのディープラーニングを使用することでさらに進化。露出モードにAUTO(シーンアナライズドオート)、カスタムイメージ(オートセレクト)を選択した際に、より精密なシーン判別が可能となる。

 マグネシウム合金を採用したボディは、防じん・防滴構造で、マイナス10度までの防寒性能を実現。内部には撮影時の位置情報などを取得するためのGPS、モニター上に方位を表示するための電子コンパスなどのユニットも搭載する。さらに、マウント上部、SDカードスロット部、レリーズソケット部、液晶モニター背面には「操作部アシストライト」を搭載し、暗所でレンズやカードの交換、レリーズの着脱、背面のボタン操作などをする際に、手元をLEDライトで照らすことができる。

PENTAX K-1 暗所での操作をサポートする「操作部アシストライト」

 インタフェースはUSB 2.0(micro B)、HDMI出力端子(タイプD)、音声入出力、外部電源端子、ケーブルスイッチ端子、Xシンクロソケットを備え、無線LAN機能はIEEE 802.11b/g/nに対応。メモリーカードはSDXC UHS-Iを2スロット用意。

 別売のアクセサリーとして、専用のバッテリーグリップ「D-BG6」もPENTAX K-1と同時発売する。D-BG6のメーカー希望小売価格は3万5100円(税込)。

PENTAX K-1 バッテリーグリップ「D-BG6」装着時

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.