ニュース
» 2016年02月18日 18時45分 UPDATE

キヤノン、新映像エンジン「DIGIC 7」搭載のGシリーズ最新モデル「PowerShot G7 X Mark II」

キヤノンは、映像エンジンを刷新し、光学手ブレ補正を4段分に強化したPowerShot Gシリーズの小型・高機能モデル「PowerShot G7 X Mark II」を発表。4月下旬に発売予定。

[板東太郎,ITmedia]

 キヤノンは2月18日、新開発の映像エンジン「DIGIC 7」を初めて搭載したPowerShot Gシリーズのコンパクトデジタルカメラ「PowerShot G7 X Mark II」を発表した。4月下旬発売予定で、価格はオープンプライス。キヤノンオンラインショップでの販売予定価格は7万7800円(税別)。

PowerShot G7 X Mark II PowerShot G7 X Mark II

 PowerShot Gシリーズの小型・高機能モデルで、有効約2010万画素の1.0型裏面照射型CMOSセンサー、F1.8〜2.8の大口径レンズ、35mm判換算で24〜100mm相当の光学ズームを搭載。前モデルの「PowerShot G7 X」では3段分だった光学手ブレ補正機構を4段分に強化し、映像エンジンを第7世代の「DIGIC 7」に刷新した。この他にも連射機能が約6.5枚/秒から約8枚/秒(30枚まで)、起動時間が約1.3秒から約1.2秒へと強化され、被写体の追尾・検出などの撮影機能も進化している。

 DIGIC 7は、従来を上回る処理性能を備えた新開発の映像エンジンで、ブレ補正の強化、ノイズの低減、検出性能の高精度化、省電力性能や撮影可能枚数などの向上などが図られている。

PowerShot G7 X Mark II PowerShot G7 X Mark IIの背面
PowerShot G7 X Mark II PowerShot G7 X Mark IIの上部

 動画撮影機能は、フルHDで60fpsと24fps、HDで30fps、スタンダード(640×480ピクセル)で30fpsに対応。また前述のDIGIC 7により追尾性能が進化したことで、「他の人物と交差するようなシーンや一度フレームアウトして再びフレームインするようなケースでも、しっかりと被写体を追い続ける」(同社)という。動き回る動物などの撮影では、被写体が体の向きを変えても追尾することが可能だ。

 本体の背面に搭載するチルトタイプの3.0型TFTカラー液晶は約104万ピクセルと高精細で、視野率は約100%。付属のバッテリーパック「NB-13L」使用時の撮影可能枚数は、液晶モニター表示時約265枚、エコモード時約355枚(CIPA規格に準拠)。

PowerShot G7 X Mark II ボディの背面にはチルトタイプの液晶を搭載
PowerShot G7 X Mark II 液晶を正面側に向けることも可能

 ボディサイズは約105.5(幅)×60.9(高さ)×40.4(奥行き)mm、バッテリーとメモリーカードを含む重量は約319グラム。メモリーカードは、SDメモリーカード/SDHCメモリーカード(UHS-Iカード対応)/SDXCメモリーカードが利用できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.